by Ayumi(市川歩美)

ショコラティエ ヤスヒロ セノについて(神戸のチョコレート店)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

神戸のチョコレート専門店「ショコラティエ ヤスヒロ セノ」について、基本情報を入れた記事とともに紹介します。

ショコラティエ ヤスヒロ セノとは?

 

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

私は、現在「おいしいマルシェ」で、日本のチョコレート専門店についての連載記事を書いています。

2010年にオープンしたチョコレート専門店「ショコラティエ ヤスヒロ セノ」についての記事をリンクはこちら↓

ショコラティエ本人が「おいしい」にこだわり手作りー(神戸 三ノ宮 ショコラティエ ヤスヒロ セノ)/人気の日本発チョコ専門店 vol.13

(おいしいマルシェ text 市川歩美)

ショコラティエ ヤスヒロ セノへのアクセス

 

お店へ行きたい方のために、アクセスです。

場所は、JR「三ノ宮」駅から徒歩10分ほど。私は、東京を拠点にしているので、神戸の地理に疎く、Googleマップ片手に辿り着きました。

海外の街角にたたずむ小さなチョコレートショップのよう。私はこういうお店にときめくんです。知らない街を歩いて、住宅街にあるようなチョコレートショップに辿り着く。私はこの感覚が好きです。

<スムーズにアクセスするためのTIPS>

といいつつ、ちょっと私は迷いましたので、私の経験を書いておきます。

  • 私は三ノ宮駅の反対側にステイしていました。簡単に歩けると思ったら、反対側、だけにかなり時間がかかりました。駅の反対側から、かつ、キャリーバッグをひいて、小雨が降っていて、Googleマップ片手に、は結構大変だったので、駅のどちら側に自分がいるかを把握しましょう。
  • 帰りに瀬野さんに「このあとラヴニューとカファレルに行くんですが歩けますよね」と伝えたら(チョコレートファンなら考えそうなことでしょう?)「絶対やめたほうがいいです。キャリーバッグ持って傘さして行くのはハードすぎ、タクシーにしてください」と強くアドバイスされました。(実際絶対やめたほうがよかったです。超身軽で元気なら別ですが)

地図で近く見えても、界隈には、坂が多いことを認識してなかったのも反省です。

 

「割れザクッ抹茶」や「ポキポキさん」

 

瀬野さんのボンボンショコラの美味しさには、現地で食べて感じ入りました。ご自身で気持ちを込めて作っている、というのがよくわかります。

ボンボンショコラについては、改めてそれだけで記事にしたいので、ここでは意外と知られていない、カジュアルなチョコレートについて。

本格的な抹茶を使った「割れチョコ」(われザクッ抹茶)は、抹茶の風味がよく、そして濃くて、気に入りました。「南山園で、オリジナルの抹茶を作ってくれたんですよ」(瀬野さん)。

食感がよくなるよう薄いチョコレートに。クランチを入れてさくさく食感を出しているのもポイント。

ショコラオレ、もあります。こちらも美味しいです。

さらにチョコレートじゃないけど美味しいのがこちら。

「ポキポキさん」。(販売時期は要確認)

写真に説明があるとおり、軽くて、キャラメルの香りが香ばしくて美味しいです。ご近所の方にも人気だそう。

 

瀬野さんがショコラをひとりで手作り

 

このブランドでは、お店の奥にあるアトリエで、瀬野さんが一人でチョコレートを作っています。「美味しくなくなったら意味がない」という瀬野さん。うれしいですね、この言葉に「うれしいなあ」としみじみ思いました。

瀬野さんとは、共感することが多く、お話が盛り上がりました。ぜひチョコレートを愛するみなさんに、神戸でこのチョコレートに出会っていただきたいです。

催事は出会いのきっかけとしてうれしいもの。でも、やっぱり拠点・本店で買うのがいちばん、と感じるのは、こんなお店を訪れたときです。

ショコラティエ ヤスヒロ セノ

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.