BY AYUMI ICHIKAWA

ジャン=ポール・エヴァンのチーズのショコラを楽しもう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ジャン=ポール・エヴァンのチーズを使ったチョコレートをご紹介します。特に今年の10月は、チーズメニューが満載。チョコレートとチーズのマリアージュをあらゆる形で体験できます。

ジャン=ポール・エヴァンの10月はチーズのショコラ多数!

 

まず、先日私が体験したメニューをシェアしますね。こちらは、ドリンクとチーズを使ったショコラとマカロンを楽しめるイートインの特別メニューです。

▲「ムニュ ショコラ フロマージュ」1760円(税込)

エポワス、シェーヴル、ポン・レヴェック、ロックフォールのボンボンショコラ(「ムニュ・アペリティフ」)の中から、お好きなものをひとつセレクトできます。

「マカロン フロマージュ ロックフォール」と、ドリンクはシャンパンか、シラー種のぶどうを使ったアラン・ミリアのノンアルコールカクテルが選べます。

私は「エポワス」をセレクト。カットすると白いです。ふわりとクミンの香りがアクセント。

※「マカロン フロマージュ ロックフォール」、美味しいですよ。私も大好き。単品は12月25日まであります。

ジャン=ポール・エヴァンのチーズのショコラ「ショコラ アペリティフ オ フロマージュ」

 

こちらがチーズ4種を使ったボンボンショコラのセット。ジャン=ポール・エヴァンの「ショコラ アペリティフ オ フロマージュ」です。


▲コフレ「ショコラ アペリティフ オ フロマージュ」※12月25日まで販売

チョコレートの詳細は下のパンフレットの写真をのせますので、読んでみてください。

エポワス、シェーヴル、ポン・レヴェック、ロックフォールの4種。

それぞれにスパイスやナッツなど、どんな素材が組み合わせてあるかをチェックしてください。お味の想像、できますか?

 

ショコラショ のチーズ味も

 

期間限定で、ショコラショ(ホットチョコレート)のロックフォールバージョン「ショコラ ショ ロックフォール」もあります。

また、アイスの「ショコラグラッセ マスカルポーネ」、さらに「ムース グラッセ マスカルポーネ」にも注目。

というように、まだまだ延々、私のチェックは続きますが……笑

一点、白カビチーズ(サンタンドレ)が入ったチョコレートケーキ「アキテーヌ」も美味しいのでぜひどうぞ。バー ア ショコラでいただける「アキテーヌ」は12月16日までの限定。

特に今は、ジャン=ポール・エヴァンでチーズを使ったショコラメニューが豊富なので、楽しんでください。

ジャン=ポール・エヴァン伊勢丹新宿本店がリニューアル

 

チーズと別の話を少し。伊勢丹新宿本店が9月にリニューアルしました。

▲新宿限定「タルトレット スフレ ショコラ」1540円(税込)ドリンク付 ※10月31日までの限定

限定メニューが美味しかったのでご紹介しますね。

ペルー産カカオのソース入りタルトと、温かいチョコレートスフレの組み合わせです。コリアンダーのトッピングが爽やか。ガナッシュにオレンジの皮が入っていて、オレンジの香り。うすいタルトがさくっ。ほどよい弾力のチョコレートスフレがふわんといったテクスチャーです。

ジャン=ポール・エヴァンはチョコレートジャーナルを立ち上げた理由のひとつ

次々限定、新作、と細かく登場するジャン=ポール・エヴァン。媒体の記事や特集だけでは、とてもとても、書ききれません。

実はそういう意味もあって、ジャン=ポール・エヴァンは、私がチョコレートジャーナルを立ち上げた理由のひとつです。

何しろ、エヴァンシェフはパワフルで、次々とクリエーションを発表するので、私が感じたことや新情報を既存のメディアだけでは、ぜんぜんお伝えできない、追いつかない、と思ったからです。

これからは随時、チョコレートジャーナルでお伝えしますので、みなさん、心して楽しみにしていてくださいね。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.