BY AYUMI ICHIKAWA

ラ・メゾン・デュ・ショコラがハロウィーンコレクションを発表

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ラ・メゾン・デュ・ショコラが今年2019年、ハロウィーンコレクションを発表しました。私の記憶では、メゾンでハロウィーン、久しぶりです。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ期間限定・ハロウィーンのシュークリーム

 

販売中のハロウィーンメニューを、青山店でいただきました。

まずシュークリームです。私は、ラ・メゾン・デュ・ショコラのシュークリームがとても好き。構造が面白いのです。マトリョーシカみたいな、「シュークリームの中にシュークリーム」な、構造が。

▲「シュー ハロウィーン」750円(税込)

これまでに、期間・店舗限定でときどき販売されたシュークリーム。

今回は、プレーンのシュー生地の中に、チョコレートのクリームとチョコレートのシャンティ。中に小さいシューが入っていて、中にチョコクリーム。

上には、ダークチョコレートのコウモリのデコレーション。コウモリのチョコがシューにのるのは、ハロウィンならでは、そして今回が初。

ハロウィーン限定ブシェが、思ったより大きい

 

続いてこちら。プレスリリースや記事からでは、実際の質感やサイズはわからないものだな、という良い例です。

▲「ブシェ ハロウィーン」 4500円(税別)

思ったより、すごく大きい!

私はかねがね、プレスリリースやプレスリリースとリアルは、大きな差があることを感じていますが、こちらは、ポジティブな意味で、ギャップがありました。

写真ってサイズがわからないんですよね、この写真も分かりづらいかもしれませんが、この一粒が、かなりの大きさです。

これはボンボンではなく、ブシェなのです。(ブシェとは)→市川歩美監修です。サロン・デュ・ショコラのチョコレート用語集を参照してください。

約5センチ四方の正方形で、厚み1.2センチ!

2種の詳細は

  • グレンダンテル(サクサク食感のクレープダンテル入り)
  • パンプキン(かぼちゃの種入ダークプラリネ)※「ビヤンネートル」の1本のローストしたカボチャの種&アーモンドのプラリネをダークチョコので包んだ「グレン ドゥ クルジュ」のブシェタイプというかんじ

ラ・メゾン・デュ・ショコラのハロウィンのかぼちゃチョコ

 

さらに、かぼちゃの形のチョコレート製オブジェも2種登場。

▲「ムーラージュ ハロウィーン レ」「ムーラージュ ハロウィーン ノアール」

ミルクチョコ、ダークチョコで作られたかぼちゃの中には

  • アマンダス(ミルクチョコ、ダークチョコーコーティングされた、アーモンド)
  • アヴェリナス(ミルクチョコ、ダークチョコーコーティングされた、ヘーゼルナッツ)が、入っています。

まだ中身は、確かめていません。しばらく見つめていて、なかなか食べられないので、いただいたらまたご報告します。

ラ・メゾン・デュ・ショコラは、パリ発のチョコレートブランドです。

フランスではあまりハロウィーンが一般的ではないのですが、ブランドのご担当者さんによると、ハロウィーンコレクションはアメリカで大きな需要があるそう。

ラ・メゾン・デュ・ショコラはニューヨークにもショップがあり、近年日本でもハロウィーンが盛り上がりを見せていることから、久しぶりのハロウィーンコレクションを展開することとなったそうです。

ラ・メゾン・デュ・ショコラの提案するおいしいハロウィーン、ぜひ楽しみましょう。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.