BY AYUMI ICHIKAWA

Monaショコラとは?(ショコラトリー ヒサシ)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

「M1グランプリ2020」で見事グランプリとなったミルクボーイ。「最中(もなか)」ネタが最高でしたが、チョコレートジャーナリストとして心当たりがあります。「おかんが好き」なお菓子は、これじゃない?

モナショコラ(ショコラトリーヒサシ)ミルクボーイさん、心あたりが

 

それにしても、昨日はテレビに釘付けでした。

M1グランプリ観戦は、私の年中行事。ここは「チョコレートジャーナル」なので、お笑いを語りすぎないようにしますが、やはり語ることにしますと笑

グランプリを獲得したミルクボーイさんが最高でした!私が今年、最も笑ったネタは、最終決戦のネタ「最中(もなか)」です。

実際のところ、私は人生で最中(もなか)についてここまで考えた事はありません。なのにいま、私の頭の中は「最中(もなか)」のことでいっぱいです。

ご覧になってない方のために解説すると、M-1グランプリで、ミルクボーイ(駒場孝さん、内海崇さん)さんが、決勝戦で披露した漫才が「最中」をテーマにしたネタでした。

内容は

「おかんが好きなお菓子があるらしいねんけどな、その名前を忘れたらしくてね」

と駒場さんが一言。それなら一緒にその名前を考えてあげる、という内海さんに対し、次々と駒場さんが、おかんがこう言っていたという特徴を投げかけます。そのたびに

「(その特徴なら)最中やないかい」「(それなら)最中とちゃうやないかい」

との対話が繰り返されるというシンプルな構成ですが、いやもう、恐ろしく面白いんです!

特徴からしてほぼ「最中」であるのに、そうではなさそうな特徴が入り込み「最中やがな」「ほな最中ちゃうがな」と行ったり来たりしまくります。

たとえばこんなくだりがありました。

「おかんがゆうにはな、一個食べだしたら止まらへんていうねん」
「ほな最中とちゃうやないかい!最中はひとくちたべたらすぐとまるのよ。最中、2個目、いってるやつみたことないんやから」

「おかんがゆうにはな、こうやってしゃべってたら食べたなってくるていうんや」
「ほな最中とちゃうやないか。だーれもいま(会場で)モナカの口なってないよこれ」

あーもう……、私は爆笑で涙ぐみながらテレビの前に座っていました。そして、ふとチョコレートジャーナリストとして、もしやと思い当たったのです。

もしかしたら、おかんがお好きなのは「Monaショコラ(もなショコラ)」にではないかと。

モナショコラとは?

 

モナショコラについて説明します。

京都の平安神宮の近く「ショコラトリー ヒサシ」のお店を代表するお菓子です。

モナカの皮の中は、チョコレートやチョコレートクリーム。

*ネタをご存知の方へ*子どもがねだるし、お菓子の家の施工に関わっても違和感ないと思いませんか?

▲こちらは抹茶チョコ味(すごく美味しい)

もう少し詳しく説明すると、最中の皮の内側に、チョコレートが塗られているため、パリッとした食感で、水分を使わないというクリームがなめらか。

さくっとした食感をだすために、ライスパフが入りです。食感が繊細。食感と若干の塩味も、後を引く要素。つまり「おかん」も大好きだと思います笑

モナショコラの生みの親は、小野林範シェフ。世界コンクールで優勝経験のあるショコラティエで、最中で有名な和菓子の老舗「たねや」でお仕事を長くされていた方です。だからこその創作モナカ。「たねや」さんへのリスペクトも感じます。

私は、「最中の家系図」に追加したいアイテムとしてミルクボーイのお二人に会うことがあれば、ぜひモナショコラをお届けしたいです。

*M1の最中ネタを予言していたかのような、私の前回記事↓

ショコラトリー ヒサシのおすすめは?「ガイア71」GAIA71

余談:2019年のM1グランプリ、素晴らしかった!

 

せっかくなので?M1グランプリ2019について。(すみません、お笑い好きで)

今年は一段と素晴らしかったです。審査員の皆さんからも感動をいただきました。的確なコメントから、出場者さん同様の真剣さが伝わり、テレビの前で深く頷きました。

そしてミルクボーイの「コーンフレーク」「最中」は、誰もが知るお菓子を題材に、日本人なら潜在的に感じていることを次々と引き出していて、勢いがあって、素晴らしかったです。

また、ぺこぱさんも斬新でした。「傷つけないつっこみ」がやさしく、どこかチャーミング。奇跡のバランスをやっと見つけられたのですね。

▲個包装されています

さらば青春の光の番組で、Monaショコラ

 

お笑いといえば、さらば青春の光のおふたりの、グノシー公式番組に私が出演したときのことも補足します。

お笑い好きなので、ついついお笑いの話ばかりしてしまう私がいまして、モナショコラも登場。チョコ関係者の方から「おもしろすぎる」と連絡があったりしました。私もとても楽しかったですし、お二人がとってもおもしろいです。ぜひご覧ください。私はここぞとばかりにのびのび、お笑いの話をしています!

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

追記:おかんの好きなお菓子=「あんぽーね説」

チョコレートジャーナリスト市川説・その2ですが、あのんの「あんぽーね」もおかんが好きそう。これも京都で買えます。「あんぽーね」はあんことマスカルポーネを自分でサンドして作る最中。これも私の大好物。私は現代風にアレンジした最中が好き、きっと「おかん」も好きです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.