BY AYUMI ICHIKAWA

渋谷スクランブルスクエアのバレンタイン2022 おすすめは?

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

渋谷スクランブルスクエアのバレンタイン2022

 

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。
渋谷のランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」で、1月27日から2月14日まで、スペシャルなバレンタインチョコレートが販売されます。

 

 

渋谷スクランブルスクエアには、チョコレートファン注目のチョコレート専門店、ル・ショコラ・アラン・デュカスや、c7h8n4o2(チョコガカリ)があります。

バレンタインシーズンは、さらに多数のスイーツブランドがチョコレートを販売、期間限定ポップアップストアもオープン。

私も気に入っている、NYの伝説のレストランのチョコレート「LOUIS SHERRY(ルイス・シェリー)」や、日本橋のビーントゥーバーブランド「ネル クラフトチョコレート トーキョー」の限定品など、トレンドをおさえたセレクションに注目してください。

「Urban Desing Collection 6個入」2,592円(税込)

ネル クラフト チョコレート トーキョー「Urban Desing Collection 6個入」2,592円(税込)*2月3日~14日「Event Stage 1」に出店

 

渋谷スクランブルスクエアのニュースレターで市川歩美がトレンドを解説

 

渋谷スクランブルスクエアの公式ニュースレターで、私(市川歩美)が注目の商品やトレンドを解説。以下をクリックしてご覧ください。

渋谷スクランブルスクエアでインタビューに答える私(チョコをもってうれしそう)

 

チョコレートジャーナルでも、いくつか、注目のチョコレートをご紹介します。

 

気分をあげてくれるラグジュアリーなチョコレートが人気

 

今年のバレンタインも、自由に外出がかないません。こんな時期だからこそ、気分がぱっ、と華やぐ「ラグジュアリーなチョコレート」が、自分へのご褒美チョコとしても人気のトレンドです。

海外旅行へ行けないことから、いつもより贅沢な海外の高級ブランドのチョコレートを購入したい、という方も増えています。

 

「ル・ショコラ・アラン・デュカス」へ気軽にいこう

 

パリの有名チョコレート専門店「ル・ショコラ・アラン・デュカス」の2022年バレンタインチョコレートは、「ぺピ クール」。ハートの形がシックです。「オ・レ」と「ノワール」があり、間違いなしの美味しさです。

ル・ショコラ・アラン・デュカス「ペピクール」12個入り 5,400円(税込)

 

渋谷スクランブルスクエアにある、ル・ショコラ・アラン・デュカスは、すごくいいんです。何がいいかって、入りやすい。私はデュカス初心者さんには、まずここを推薦します。

ドアがなくて入りやすいので、敷居が高くて……と思っていた方も、行ってみてください。

 

「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」のショコラが渋谷に

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「ボンボンショコラ ゴールドボックス」4個入 2,281円(税込)

 

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェが、2月3日から14日まで、1階Space1に限定出店。ラグジュアリーなホテルの雰囲気を届けてくれます。

ザ・ペニンシュラらしい、マンゴーココナッツ、ロンジン茶、パッションフルーツ、ヘーゼルナッツプラリネ。渋谷で、ザ・ペニンシュラのチョコレートに気軽に出会えて便利。

 

資生堂パーラーのバレンタインチョコレート、かわいい!

資生堂パーラー「ショコラバリエ2022」3,240円(税込)

 

資生堂パーラーのバレンタインチョコレートは、毎年デザインがかわいくて、サイズもいろいろ。実はリーズナブルなプライスで、おいしくて、おすすめです。

今年の3段になったジュエリーボックスのような「ショコラバリエ2022」は、女性にぴったり。自分へのご褒美にも、女性へのギフトにも。お花のデザインで気分をアップします。

 

NY伝説のレストラン「ルイス・シェリー」のチョコレート

ルイス・シェリー「チョコレート缶」 2個入 1,728円

 

「LOUIS SHERRY(ルイス・シェリー)」は、1881年にNYでオープンした伝説のレストランです。セレブリティに愛された有名レストラン。そこで人気だったのがチョコレート。レシピは今に継承されているのです。

それにしても缶が美しいです。ピンクは代表的なカラー。ポップアップスペース「 HEAD LINE 」で、2月10日~14日まで出店しています。

 

ウェルビーイングなチョコレートがトレンド

 

地球や環境にもやさしく、自分自身にもうれしいチョコレートがトレンドです。

サステナブルやダイバーシティの流れはチョコレートの世界にも広がり、食べる人はもちろん、作る人も、全ての人がハッピーになれるチョコレートが受け入れられる時代に。私は「ウェルビーイングなチョコレート」と言い表しています。

地球や環境にもやさしく、自分自身にもうれしい。適正価格でカカオ豆が取引されたチョコレートかどうか、という点にも消費者が注意を向けるようになりました。

 

気軽にフェアトレードチョコレート「ディヴァイン」

Divine(ディバイン)フェアトレードチョコレート 702円または756円 / 左(全6種) 378円(税込)

 

渋谷スクランブルスクエアの14階に「haishop(ハイショップ)」というお店があります。社会的な課題の解決を目指すおみやげショップで、センスがよいものが揃っています。

ここで「Divine(ディバイン)」のチョコレートが販売されています。国際フェアトレード認証を受けたガーナ産カカオのチョコレートで、大きいサイズは12種のフレーバーがあります。私は、小さいサイズもお気に入り。食べやすいし、色々ためせて楽しい6種です。

 

エリタージュの「カカオヴィネガー」

エリタージュ 「カカオヴィネガー」1,296円(税込)*通年商品

 

c7h8n4o2(チョコガガリ)で買える「カカオヴィネガー」はユニークです。

カカオを産地で発酵させるときに出るカカオの果汁と果肉から作った、甘酸っぱいヴィネガー。これまで廃棄されていたものが、サラダなどにもつかえるワインヴィネガーのようなアイテムに生まれ変わっているのです。ちょっとシロップをいれて、ジュースにも。カカオファンに人気の、通年商品です。

オンラインショップで購入できるチョコレートも!

 

ほかにも、さまざまなチョコレートが販売されます。そして、一部商品はオンライン販売もあります。ソールドアウトになる前に、ぜひ、以下のURLからどうぞ。
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/l/11R00000000

よろしければ、私のインタビューなども、チョコレート選びの参考にしてくださいね。

渋谷スクランブルスクエア
https://www.shibuya-scramble-square.com/

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.