BY AYUMI ICHIKAWA

ブラックサンダーの2022年バレンタイン限定ショップ、期待の新作は?

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】
text Chie Araki

ブラックサンダーでお馴染み、有楽製菓のバレンタイン限定ショップが「東京おかしランド」と、EC特設サイトでオープンしました。

テーマは「それもありでしょ?バレンタイン」。

バレンタインというイベントを、世代や性別に関係なく楽しんでもらいたい思いが込められています。

ブラックサンダー 2022年バレンタイン限定の新商品は?

 

「東京おかしランド」にある、ブラックサンダーバレンタイン限定ショップへ出かけました。

ブースでまず目を引くのは、2022年の新商品。「青春ブラックサンダー」と、「至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ」です。

「青春ブラックサンダー」(上の写真)は、マメ科の植物、バタフライピーを使用。天然の色素で優しい青色です。フリーズドライされたいちごの酸味ある味わいによって、甘酸っぱさもプラス。まさに“青”春を、視覚・嗅覚・味覚で感じられます。

キューブ状の生ブラックサンダーが新登場

 

私(荒木)が特におすすめしたいのは「至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ」。

昨年までは大きめの棒状タイプで、そのままかじりつくか、切るかでした。しかし今回は食べやすくすべく、試行錯誤の末1年かけてキューブ状が開発されました。

キューブをコーティングするチョコレートの味は、ミルクとビターの2種類。

ミルクは、フランス製ミルクを使ったチョコレートに、スイス製ミルクを使用したチョコレートをブレンド。ミルクの濃厚さがたまりません。

ビターは、ベルギー製のスイートチョコレートに、エクアドルのカカオ豆を使用したシングルオリジンカカオマスのチョコレートをブレンド。

ビターの落ち着いた味わいは、洋酒をさらに引き立てます。「至高」を掲げるだけあって、材料にもこだわりが詰まっています。

EC特設サイトでも購入可能

 

中は二層構造。

上部はこの商品のために開発されたなめらかな生チョコで、下部はブラックサンダーらしいザクザククランチ。しかし、いつもよりクランチは強い歯ごたえです。

有楽製菓さんにお聞きしたところ、普段のブラックサンダークランチがベースではあるものの、変化を加えているとのこと。

ザクザク感を強くして、生チョコに入った洋酒の香りが口いっぱいに広がるようにしたことと、ザクザクと、トロっとみずみずしい生チョコという、相反する食感と味をあらわしたいために、二層の間にうっすらチョコレートを挟んでいるそうです。なんとこの部分は手作業!

大変手が混んでいるので、量産が難しい理由も納得です。ブラックサンダーが大切にしている「食感」が際立っています。

限定ブラックサンダーも一堂に

 

他にも限定店舗では、北海道限定、京都限定のブラックサンダーをはじめ、この時期にしか発売されない 「ブラックサンダーミニバー バレンタインBOX」も販売されています。

Tシャツやマスクなど、オリジナルグッズも充実。

また、おかしランド内では、Calbee+との限定コラボメニュー 「揚げたてポテトチップス チョコ&チョコ ブラックサンダー」味が数量限定で販売中。

東京駅に立ち寄る機会があれば、おすすめのスポットです。

<INFO>

場所:東京駅一番街地下1階 東京おかしランド

期間:2022年1月14日(金)〜2月16日(水)

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1

アクセス:JR東京駅 八重洲地下中央口改札でてすぐ。東京駅一番街は、大丸東京店にも地下でつながっています。

EC特設サイト:「青春バレンタインショップ」 「至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ」も販売

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】
text 荒木千衣

(感染予防対策を万全にしたうえで取材をしています)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.