BY AYUMI ICHIKAWA

森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム) が横浜 鶴見にオープン!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートレポート】

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

2022年4月13日に、森永鶴見工場(横浜市鶴見区)内に見学施設「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」をオープンしました。歴代チョコレートのパッケージが展示されているミュージアムや、森永の歴史にふれられるシアターがあり、鶴見工場では「小枝」の製造の一部を見学できます。

コロナ禍で延期に、4月にいよいよオープン

 

「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」は、2019年に完成したものの、コロナ禍でオープンが延期となっていました。

今年1月12日に一旦オープンしましたが、オミクロン株の感染拡大で10日でクローズ。晴れて、4月に開館の運びとなりました。

このミュージアムは、120周年記念事業として生まれたものです。

 

モリウムの意味は?

 

モリウムとは何か?

というと、モリナガとアリウムをあわせた言葉です。「MORINAGA + ARIUM(ラテン語語源:~の場所)」を組み合わせ、MORINAGAが、生み(UM)出す価値を体験してほしい、という意図があるそうです。

 

エントランス

エントランスではキョロちゃんがお出迎えしてくれます。

白を基調としたデザインは、近未来をイメージ。約120年の歴史がある森永製菓がこれからの未来をお客様とともに歩み、創造し色づけていくという意味を込められているそうです。

 

歴代のパッケージが見られる

歴代の商品パッケージがいろいろと展示されています。発売当初のパッケージなど、今までは社内の資料室にしかおいてなかったものを展示。

森永ならではの、ロングセラーチョコレートの、初代パッケージなどを見られる貴重で楽しい場となります。

 

シアター

森永製菓の歴史をはじめ、多くの商品の魅力を紹介する映像をシアターで楽しめます。迫力あるパノラマ映像です。

 

鶴見工場見学エリア紹介

 

鶴見工場では、一部、見学ができます。

見学専用通路から「小枝」や「ハイチュウミニ」の、製造の様子を見ることができます。見学コースは、見学者専用通路や見学者専用エレベーターを整備してリニューアル。

工場を見学し、さらに「森永エンゼルミュージアム MORIUM」を楽しめる場、ということになります。

 

モリウムの場所・アクセス・予約方法

 

見学は個人でもOK。
ただし、専用のWEBサイトから予約が必要です。

森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)
神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-1-1 森永製菓株式会社鶴見工場内
主な施設:1階 展示施設(商品展示、歴史展示)、売店 2階 ワークルーム
施設面積:総面積1,985㎡
休業日:土日祝日、工場休業日
見学対象:小学生以上(保護者同伴の場合も未就学児はご遠慮ください)
見学概要:所要時間約70分 完全予約制

予約方法:見学予約、詳細のご確認は、以下のWEBサイトから
https://www.morinaga.co.jp/factory/tsurumi/

お買い物できるショップでは、チョコレートなどの商品のほか、グッズも販売されています。

小枝のマスキングテープ!

小枝ファンなら購入マストですね!

*関連記事
森永「小枝」50年も激戦をくぐり抜けてきた秘訣
(東洋経済オンライン text 市川歩美)

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】
text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.