BY AYUMI ICHIKAWA

「ポロショコラアイス」が、夏にむけて新登場!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】
by Chie Araki

20年前の5月15日。一つのお菓子が青森で産声をあげました。その名はポロショコラ。緑のツヤっとした長方形のパッケージが特徴的です。

そのポロショコラを使った「ポロショコラアイス」が、今年4月29日に新発売されました。販売はポロショコラと同じく株式会社ラグノオささき。一部のラグノオ店舗、または楽天市場にて購入できます。

ゴロっと入ったポロショコラ

 

「ポロショコラアイス」はカップタイプで、ポロショコラより少し落ち着いた緑色。フタを開け、中の白い内フタをめくるとゴロっとしたポロショコラを発見!

サイコロ状のサイズで、4個トッピングされています。量はポロショコラで換算すると、1カットの半分と同等です。

スプーンですくうと、ゴロッとした大きさにびっくりします。

このインパクトある見た目を実現するため、なんとアイスクリームを充填した後、固める前にポロショコラを“手作業で”のせています。

「フタを開けた時に、少しでもポロショコラが見えるように」と、ラグノオささきさんがこだわっているポイントです。

アイスに入ったポロショコラは、冷凍庫から出した直後でもしっかり噛める固さ。

通常版と全く変わらず、濃厚でずっしりとした食べ応えがあります。そこに合わさるのは、オリジナル配合で作られたチョコレートアイス。

私(荒木)が味わったところ、ポロショコラには牛乳が入っており、乳製品との相性は抜群でした。アイスと一緒に食べることで、溶けたアイスがポロショコラを包み込み、独特の甘さ、ハーモニーが生まれています。

また、アイスの中には刻みチョコもふんだんに入っているので、プチプチした食感も。チョコレートケーキとチョコレートアイスの割合を変えることでいくつもの味わいを、たった1個の「ポロショコラアイス」で楽しむことができました。

構想5年。開発1年。「ポロショコラアイス」が生まれるまで

 

「ポロショコラアイス」開発のきっかけ。それは、ポロショコラが濃厚なチョコレートケーキであるがゆえの悩みでした。冬場の方が生活者に好まれ、夏場は出荷が少なくなっていたのです。

この長年の課題をクリアにするため、リサーチして、購入されたお客様の食べ方に注目しました。すると常温保存可能なポロショコラを冷やしたり、 アイスと一緒にミニパフェにしていたのです。そこから「アイスクリーム」というキーワードにつながりました。

5年ほど前から「アイスクリーム」の構想はあったものの、製造はラグノオささきさんにとって専門外。 2021年にやっと「ポロショコラアイス」を作っていただけるメーカーさんと出会い、開発がスタートします。そして1年かけて今回の発売に至りました。

 

長く愛されるポロショコラブランドであるために

 

20周年を迎えるポロショコラシリーズとして大事にしているのは、品質と価格のバランスです。「美味しいことは大前提。さらに価格以上の満足感を感じられるよう、日々開発、製造」をされているそうです。

「ポロショコラアイス」に限らず、ラグノオささきさんのお菓子はボリューミーで、お手頃価格。会社理念に「ハイクオリティ&リーズナブル」があることを、私(荒木)は、一生活者として大変ありがたく感じます。

 

 

アレンジも自在

 

ポロショコラをさらにカットして足すといった、贅沢アレンジも楽しめそうな「ポロショコラアイス」。違うフレーバーのポロショコラを混ぜたり、パンに挟んだり。夏の定番になりそうな予感です。

ぜひ、「ポロショコラアイス」を試してみてください。

 

 「ポロショコラアイス」は現在、一部ラグノオ直営店舗と楽天市場で購入できますが、全国での販売展開も積極的に視野に入れていきたいそうです。

<INFO>

『ポロショコラアイス』
発売日:2022年4月29日
販売先:一部のラグノオ店舗、楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/ragu-shop/351053/
価格:398円(税込)

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】
text:荒木千衣

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.