by Ayumi(市川歩美)

モンテールの「塩ショコラエクレア」とシュークリームが美味しかったです

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日はチョコレートジャーナリストの日々、として先日、おいしくてコスパいいなぁ、と感じたモンテールのエクレアのことを書きます。

モンテールの8月の新作「塩ショコラエクレア」

 

先日、仕事帰りに立ち寄ったスーパーで発見したモンテールの「塩ショコラエクレア」。場所は、六本木ヒルズ内にある「リンコス」です。

外出自粛の時期が長引き、コンビニエンスストアや、スーパーに売っているチョコレートやスイーツに、いままで以上に楽しくお世話になっている今日この頃。

おいしかったのでみなさんにもシェアしますね。

モンテール「塩ショコラエクレア」8月新発売、確かお値段は100円ちょっと

 

夏仕立てのチョコの味わいを表した、というこのエクレア。フランスのチョコレートに塩をあわせているのがポイントです。

また、生地がふわふわなのが、これまた癒されるポイント。フランス語で「エクレール」と呼びたいタイプの、ぱりっとサクッとしたシュー生地のものも、それももちろんよいのですが、やっぱりなんだかいま、私が癒されるのは、ふわふわっ、とやわらかな、このタイプなのかも。

 

ドイツ産岩塩「アルぺンザルツ」を使用したチョコエクレア

 

実は、多分20年以上前になりますが、私は塩に凝り、いくつもの塩をためしていたことがあります。結局、当時いちばんよく使っていたのが「アルペンザルツ」でした。

ああ、懐かしいなぁ、と個人的には思ったのですが、いまも人気の塩なんですよね、まろやかさがあり、どんなお料理にも使いやすいです。こういうエクレアのチョコレートクリームによくあいそう。

 

やわらかシュー生地のエクレアにほっとする

みてください、この日本人ならきっとほっとするこの感じ!

中のチョコレートクリームにまろやかな塩気があります。クリームはなめらかで、濃厚すぎることなく、生地はふわふわ。心地よくすいすいと食べてしまいました。

ちなみに、モンテールには「塩ショコラエクレア」と並んで、「塩ショコラシュークリーム」があるそうです。こんど、お店でみかけたら、シュークリームも買ってみるつもり。シュークリームの方は、クリームが中で二層になっているそう。

*後日シュークリームも買いました。美味しかったです!

エクレアとエクレール

 

エクレア、という名が日本ではすっかり定着していますが、歴史を紐解けば、フランス語の「エクレール(稲妻)」が由来というのが定説です。諸説ありどれも面白いですが、表面がきらっと稲妻のように光るため、エクレールと名がついたとか。

フランスと日本の違いは、呼び名だけでなく、表面です。フランスでは表面が甘さのあるフォンダンですが、日本では、表面にチョコレートがかかっているものがお馴染み。

生地もフランス菓子を売るパティスリーでは、パリッとしたものによくお目にかかりますが、日本の洋菓子店やスーパー、コンビニではふわっとしたタイプが一般的です。

チョコがかかったふわっ、としたタイプのエクレアを、ぱくぱくっと食べたいときってありませんか?日本人の私は、こういうのがなくなったら、とてもさびしいだろうな、なんて思います。

text&photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.