by Ayumi Ichikawa

ブルガリ イル・チョコラートがクリスマス限定ボックスを発売「ナターレ・ボックス 2021」

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】

ブルガリ イル・チョコラートが、クリスマスに向けたボンボンショコラの詰め合わせ「ナターレ・ボックス 2021(4個入)(10個入)」を、11月11日に販売開始しました。

 

クリスマスのお菓子と食材をモチーフにしたボンボンショコラ 

 

クリスマス限定商品のフレーバーは、イタリアのクリスマスに欠かせない食材とお菓子たちがモチーフ。それらが、5種のボンボンショコラに仕立てられています。

1つ目は、イタリアでクリスマスシーズンの定番菓子、「パネットーネ」。ボンボンショコラ「パネットーネ」は、パネットーネフレーバーのガナッシュと、アーモンドのジャンドゥーヤをビターチョコレートでコーティングしています。(ブルガリ イル・チョコラートはクリスマスシーズンに、8種類のミックスフルーツを使ったパネットーネを販売し、毎年人気を集めています)

2つ目は「ジュニパーベリー&いちじく」。ジュニパーベリーとは、ジンの香りづけに用いられている木の実です。スパイシーな香りを楽しめるというジュニパーベリーとセミドライいちじくのビターチョコレートガナッシュを、ビターチョコレートでコーティング。

3つ目は「はちみつ」です。エリカハニーを使ったミルクチョコレートガナッシュをミルクチョコレートでコーティングしています。

4つ目は白トリュフの香りをまとった「トリュフ」。ヘーゼルナッツのジャンドゥーヤが白トリュフ風味のガナッシュに加わり、コーティングはビターチョコレート。

最後の5つ目は、10個入りボックスにのみ、入っています。赤ワインに漬け込んだいちじくのミルクチョコレートガナッシュをビターチョコレートでコーティングした「赤ワイン&いちじく」で、「ブルガリ・ブルガリ」のロゴがデザインされています。

 

クリスマス特別仕様のデザイン 

 

クリスマスらしい華やかなデザインにも注目しましょう。

ボンボンショコラは、「ブルガリ・ブルガリ」のロゴとブランドのラッキーアイコンの1つであるエイトポイントスターがデザインに。

ボックスは、複数のカラーが大理石のような模様を創り出すマーブル柄で、イタリア・フィレンツェにある1974年創業の老舗Il Papiro(イル・パピロ)の職人によるもの。伝統技法で一枚一枚手染めされているため、ひとつとして同じ柄はなく、自分だけの特別なボックスになります。

イタリア語でメリークリスマスを意味する「Buon Natale」のメッセージ入り。

 

「ナターレ・ボックス 2021」の販売情報

 

ブルガリ イル・チョコラートが手掛ける、クリスマス限定チョコレート「ナターレ・ボックス 2021(4個入)(10個入)」は、ブルガリ銀座タワー「BVLGARI Il Cioccolato」、全国の百貨店で販売しています。

販売期間:2021年11月11日(木)~売り切れ次第終了
価格:4,200円(税込み)
販売場所:
ブルガリ銀座タワー10F「ブルガリ イル・チョコラート」
松屋銀座B1F「ブルガリ イル・チョコラート」
阪急うめだ5F 「イル・カフェ」
髙島屋大阪店B1F「ブルガリ イル・チョコラート」

オンラインショップ 

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】
text Hiroko Ono

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.