by Ayumi(市川歩美)

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 青山店が閉店、横浜タカシマヤ店がオープン

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 青山店が3月15日に閉店しました。3月8日に、横浜タカシマヤ店がオープンしています。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ青山店の歴史

 

ラ・メゾン・デュ・ショコラ青山店は、1998年11月、青山のモリハナエビルに、日本第一号店としてオープン。2009年9月にカフェ併設店として、青山通りに移転しました。

私にとって、表参道交差点そばのモリハナエビルにあったラ・メゾン・デュ・ショコラは、愛好家としての大切な原風景のひとつ。北青山に移転してからも、もちろん、何度も足を運んでいます。

青山の高級チョコレートといえば、ラ・メゾン・デュ・ショコラ。

そんな印象が強いのは私だけではないはずです。1998年からなので、もう23年もの長い間、ラ・メゾン・デュ・ショコラは青山をショコラの街として、彩ってくれました。

ブランドの方によると、今回の閉店は、建物の老朽化などの、さまざまな理由があってのことで、よりラ・メゾン・デュ・ショコラというブランドにふさわしい場所が見つかれば、青山にまたブティックをオープンすることを考えているそうです。

 

ショコラショオ グアヤキル

 

ちょっと不思議で、うれしいことがありました。

青山店へいって、最後に「ショコラショオ グアヤキル」を、と2階のカフェでいただこうとしたら、ぽっかり、ハートが浮かび上がっていました。チョコレートの香りを、ふんわり甘く漂わせながら。

 

ラ・メゾン・デュ・ショコラ青山店にて

 

こんなことって、あんまりないですよね?

私は、この仕事をしながら「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」というブランドが、パリのチョコレートを変え、いかに世界中のチョコレートに変化をもたらしたかを、ふだんからチョコレートファンの方に、広くお伝えしていきたいと、思っています。

だけどときどき、まだまだ微力だなぁ、なんて感じている私に、青山店が「ありがとう」って、いってくれたような気がして、「こちらこそありがとう」なんて、すごく勝手に、にっこり、うれしくなっていました。

 

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 横浜店が3月8日オープン

 

3月8日には、ラ・メゾン・デュ・ショコラ 横浜タカシマヤ店がオープンしています。これまでにない、開放的で、ハイチェアやソファーでイートインできる、カジュアルなブティック展開。

現在、ラ・メゾン・デュ・ショコラは国内9店舗、ということになります。

横浜タカシマヤ店には、限定メニューがいくつかあって、とても魅力がありますので、緊急事態宣言が解除され、少しあたたかくなったら、ぜひ伺います。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

参考記事
今読むとまた面白いとおもいます。
All Aboutで2013年に、私が執筆した記事です。
ラ・メゾン・デュ・ショコラの新シェフインタビュー

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.