by Ayumi(市川歩美)

ホテルショコラのベルベタイザーとは?(チョコレートドリンクメーカー)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

イギリス発のチョコレートブランド「ホテルショコラ」が、日本で、ホットチョコレートを自宅で作れる「ベルベタイザー」の販売を開始します。

ホテルショコラのベルベタイザーとは?

ホテルショコラ ベルベタイザー 1万円(税込)

ホテルショコラ ベルベタイザー 1万円(税込)*先行予約特典があるほか、販売開始時は、エコバッグと5パックのチョコレートフレークが付属するそう。

 

ホットチョコレート(チョコレートドリンク)がポピュラーな、イギリス製のチョコレートドリンクメーカーです。

「ベルベタイザー」という名は、「ベルベットのようになめらかな、バリスタグレードのホットショコラを手軽にあじわえる」ということから付けられたそうです。

イギリスの「ホテルショコラ」からは、2年ほど前から販売されていたため、私は、おもしろいものがあるものだな、と注目していました。日本では、12月中旬からの販売(11月23日からは予約受付)です。

カラーは白、コッパー、チャコールグレーの3色

 

かんたんに言うと、ベルベタイザーは1万円(税込)。

コンセントをさして、このポットの中に220 CCのミルクを注ぎ、別売されているチョコレートフレーク入りのサシェ(各250円 税込)を加え、ボタンを押して約2分放置しておくと、おいしいチョコレートドリンクができる、というものです。

ゆっくり攪拌されながら適切な温度(66~67度くらい)まで温められるので、なめらかなホットチョコレートができるのだとか。

チョコレートドリンク用の別売パックは、15種類あります。

私はカカオ分の高いものを好むので、「ダーク100%」「ダーク85%」「クラシック70%」あたりがきっと好き。一足早く「ダーク85%」と「クラシック70%」を体験させていただきました。

ミルクにチョコレートがしっかりとけていて、温度もちょうどよく、美味しかったです。

他にもオレンジ、ジンジャー、バニラ&ホワイト、カフェラテ、ソルトキャラメル、ミントなどフレーバーは様々。

実際に自宅で使ってはいませんが、拝見したところ、お手入れがラクそうなシンプルなポット。かつ、何よりホットチョコレートを作るときに必要な、お鍋を丁寧にかき回しつづける、という作業をしなくてもよく、ラクではないかと思いました。お鍋が焦げ付かないのもよさそう。

チョコレートフレークのアップ

 

1袋250円のサックの中身は、チョコレートフレーク(刻んだチョコレート)。私などはすぐに「別のうちにあるチョコレートを刻んで代用できないか」とか考え、後日、試したいなと思っています。ちなみにお水でも美味しく作れるそう。

イギリスで、ホットチョコレートは日本以上にポピュラーです。イギリス国内では「ベルベタイザー」が、すでにのべ15万台販売されていることからも、それがうかがえることでしょう。

ベルベタイザーを入手したら、いろいろ試して、記事を書くつもりです。

ホテルショコラ

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.