by Ayumi(市川歩美)

ピエール・エルメとセブン-イレブンのコラボ 秋の「マロンショコラ」

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ピエール・エルメが、セブン-イレブンとコラボレーション。第二弾は「ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マロンショコラ」です。

セブンとエルメのコラボレーション、第二弾はマロンとショコラのデザート

ピエール・エルメ シグネチャー カップケーキ マロンショコラ」334円(税込)

 

10月20日に、セブン-イレブンで販売となったばかりのスイーツです。すばやい方ならもう召し上がったでしょうか?

7月にマンゴーとキャラメルのコラボスイーツが販売されたのが記憶に新しいですね。スイーツファンなら「セブンとコラボ?」と、あっと驚き、夏に召し上がった方も多いことでしょう。

秋に第二弾、というニュースをきいて、早速味わってみようと、ご近所のセブンイレブンへ出かけました。

こんなたたずまいです。

「マロンショコラ」なカラー。秋らしい組み合わせです。横から見ると層がわかります。トップにホイップクリーム、そしてマロンクリーム、バター香るサクサククッキー、濃厚なチョコレートクリーム、という構成。

ココアパウダーがぱらぱらっと。ふわふわ感、伝わりますか?(私はふわふわクリームが大好きなのでこういう絵にときめきます)

すぱっ、と縦にスプーンを入れると、全体を味わうことができ、特徴を感じられます。

上のほうのふわふわに、中間のさくさく、最後にねっとりチョコレートクリームが〜、というかんじで、食感のコントラストを楽しめます。

「マロンショコラ」を味わうまえに

300円台ならうれしいと思いますが、ちょっと前置きを。最初にすごい「栗感」を期待すると、ちがいます。

これは「栗を素材のひとつとしてライトに使ったスイーツ」と考えておいてください。

濃厚な「モンブラン」的なものでなく、ふんわりやさしいクリームと、チョコレートとクッキーを、栗らしいあの、さらさらした舌ざわりのクリームとともに味わう、やさしいおいしさに仕上げたカップデザートです。

最初に栗の香りとテクスチャーがふわんときて、最後にチョコレートが、しっかり主張。結構、チョコ感があります。

 

条件内でよく考えられていると思います

 

クリームがすっ、と口になかで消えゆくからこそ生きる、サクサク食感の少し塩気があるクッキー。マロンクリームには、イタリア産マスカルポーネを混ぜ合わせているそうです。

お値段は、コンビニプライスの334円(税込)。

コンビニスイーツで、この内容なら私はよいと思いますよ。エルメを初めて楽しむ方には、エントランスになるでしょう。本家本元「ピエール・エルメ・パリ」をすでによくご存知の方なら、コンビニで知ってる人に会ったかのような、ちょっとうれしい気持ちになりそう。

もちろん本家本元「ピエール・エルメ・パリ」とは、全くちがうので、ブランドの世界観を100%表した、「ピエール・エルメ・パリ」のスイーツを愛する方は、青山などの、直営ブティックへ行くとしましょう。

「セブン-イレブンとエルメのコラボにおもう」と題して、ちょっと後日書こうかなと思います。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*市川歩美のOggi.jp(小学館)のコラムでも書きました

ピエール・エルメとセブン-イレブンコラボの秋スイーツ(oggi.jpの記事)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.