by Ayumi(市川歩美)

チョコレートジャーナリストの日々 – 代官山のビストロにて

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

2020年秋。チョコレート、カカオを軸にしたジャーナリスト、チョコレートに関わる総合的なコーディネーターとしてお仕事をしている私のお話を、ちょこっと、徒然に。

 

あるとき。代官山のビストロで

 

秋になって、テラスが気持ちよくなったので、心地よいテラスのある代官山のビストロへ。ランチしてから、テラスを借りて、すこしお仕事していました。

歴史に関してなど、資料を読み込んでいたら。

ぱら、ときいろの彩りがテーブルに。ふと手をとめました。

私は、仕事となるとかなり集中するので、意識は、時空を超えて古代メキシコやヨーロッパへ。それが、ぱら、という音で、2020年の代官山の、秋の午後へともどってきました。

木のテーブルの上に、空からおちてきた、木の葉っぱ。そっと声をかけられた感じで、うれしくなりました。

ちょっと一息ついたら?、とか?

よくみたら、木の葉が、きれい。

ここのところ、ギャラリーで今の気分にあう、器やお皿を探していました。作家さんが生み出す、陶器や漆器の彩り。いくつも眺めたてきたけど、このテクスチャーと色彩の調和はミラクル。眺めるほどに、圧倒的に美しいのです。美しさは、狙ったものじゃないことがありますね。持ち帰るのもやめました。持ち帰ったところで再現できない美しさだからです。

実は、この日。お店が忙しかったのか、オペレーションの問題なのか、なんとランチがでてくるのに30分以上かかったんです。(いまどきめずらしい!)

でもおかげで、書き物がすすみました。さらには、ギャラリーやお店ではかなわない美と出会えたので、むしろ素敵だったかな。

今年は久しぶりに、パリにもブリュッセルにもいかない秋です。でも、実は、時間が濃くて、充実していて楽しくて。なんだかすごく元気です。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.