by Ayumi(市川歩美)

ゴディバが「カカオビーンズ」を販売!(カカオ豆のチョココーティング)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

健康効果が期待され、スーパーフードしても話題の「カカオ豆」。カカオ豆のチョコレートコーティングがゴディバから販売されています。

ゴディバの新商品「カカオビーンズ」

ゴディバが5月27日から「カカオビーンズ」を販売しています。ローストしたカカオ豆のチョコレートコーティングです。

カカオ豆を丸ごと使った商品は、ゴディバ初。トーゴ産カカオのローストをカカオ分86%のチョコレートでコーティングしています。

カカオ豆そのもの、カカオニブ(ローストしたカカオを砕いたもの)はちょっと食べにくい、という方にも、アーモンドチョコレートのような感覚でおやつにできるうれしいアイテムです。

カカオ豆をハイカカオコーティング、かなりハイカカオ

一見、アーモンドチョコレートのようですが、中身は、カカオ豆。

*中身=カカオの実の中にある種(カカオ豆)を発酵、乾燥させ、焙煎したうえで、砕けやすいカカオ豆を、丁寧に丸い粒の形を保つために手作業でむいたもの

カカオ豆はスーパーフードと呼ばれ、ポリフェノールを多く含むため抗酸化作用があり、健康効果が期待されています。

ハイカカオ(カカオ分の高い)チョコレートを健康のために毎日召し上がる方がいらっしゃいますが、「カカオビーンズ」はさらにパワフル。チョコレートになる前の、カカオそのものなので、当たり前ですがカカオ分100%です。

コーティングのチョコレートもカカオ分86%と、かなりハイカカオですから、今、人気のカカオ分の高いチョコレートを求める方におすすめです。

美容と健康に気遣う方に、そして(私のように)甘さが強いものが苦手な人にも。「カカオビーンズ」としてはかなり食べやすい味です。

*かなり甘さを抑えているので、チョコに甘さを求める方は、別アイテムにしてくださいね。

自立するパッケージ入りカカオビーンズ

カカオ豆を購入できる、となるとまず、ビーントゥバーチョコレートブランドを思い浮かべる方が殆んどだと思います。

クラフトチョコレートブランドの、クラフト感のあるパッケージも素敵ですが、こういうスタイリッシュ&便利なスタンドパックの「カカオビーンズ」は私の知る限り初。1000円、というきりのよい価格も手頃です。ギフトに人気の「ゴディバ」ですから、プチギフトにも。

「カカオビーンズ」以外に「ナッツ&フルーツ」シリーズが3種登場していて、私はこれも好き。クランベリーとアーモンドは、個人的にだいぶ好きです。

<おうちチョコ>
ゴディバの「カカオビーンズ」はオンラインショップから購入できます。

オンラインショップはこちら
(オンラインショップから「ナッツ&フルーツ」の詳細もご覧くださいね)

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.