by Ayumi(市川歩美)

コロンバンの養蜂ー日本経済新聞「原宿はちみつ 」記事と、自粛でわかったこと。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

大勢のフォロワーのみなさん、関係者のみなさん、昨日5月24日(日)の日本経済新聞をお読みくださり、メッセージやコメントをありがとうございました。

「原宿はちみつ 都心の花を凝縮」というタイトルで書かせていただきました。

洋菓子の老舗「コロンバン」が2010年から行なう養蜂。ご存じない方が多かったかもしれません。

私は数年前に知って、原宿を通るたびに「ミツバチは元気かな」と思っていたものですから、原宿で53年続いたコロンバン本店が、再開発で取り壊され、ミツバチが引っ越しも余儀なくされる、と聞いた時から気にし続けていました。

昨日の日本経済新聞を、どうしても読めなかった皆さんのために小さいですが、記事の写真を貼っておきますね。

(ちょっと読みづらいとこありますね、、後日追加ではります)

実際は。

新聞の全面にばーっ、と広がる大きな記事で、ハチミツもお菓子もおいしそう。私は朝、新聞を両手で広げたとき、春がきたような気持ちになりました。

反響が大きく!4月27日の今年の初採りのハチミツは「原宿はちみつヌーヴォー2020」として販売されましたが、即完売したそうです。

コロンバンの社員による養蜂

それではここでちょこっと、4月27日の早朝の写真を、記事の番外編としてご紹介。

NHK近くの、コロンバンの自社ビルの屋上。

原宿本店サロンから徒歩10分なので、ミツバチの採蜜エリアは、さほど以前とかわりません。

巣板の両面に、ミツバチが集まっています。

ここが巣箱の出入り口。

ミツバチたちは生まれた巣箱を忘れず、必ずここに戻ってきます。

それにしても

(Google マップも持ってないのに一体どうやって代々木公園からここまで帰ってくるのか)

などと思っている私は、ミツバチに完全に負けています……。

甘い香りがするとミツバチが近づいてきます。可愛い。

バウムクーヘンをお皿にのせたら早速、ミツバチがやってきました、の図。

それから、私がペンでさらさらとメモしていたら、私の指にぷうん、ときて、2回も人差し指に止まってくれました。

(私は、昔から人間以外の生き物が安心するなにかを持ちあわせているのか?動物や、昆虫たちが全く警戒せず、友だちみたいにそばにきてくれる傾向があります笑)

Instagramにも投稿しましたが、私は原宿はちみつを使ったバウムクーヘンと、チョコレートを使ったマーブルケーキが大好き!

今はバウムクーヘンのみオンライン販売中。

再販売されたら、チョコレートを使ったマーブルケーキもぜひどうぞ。(チョコのジャーナリスト&愛好家としておすすめ)

カラメルのかわりに、原宿はちみつを添えるプリン。こちらも最高に美味しいです。

自粛でみつめなおしたことを新しい日常に

そしてみなさんは、どうかな、と思いながら、お話しておきたいこと。

「神宮前六丁目市街地再開発事業」(再開発)が決まり、自社ビルが取り壊されることになり、53年の幕を閉じた、コロンバン原宿本店。

800通もの閉店を惜しむメッセージを拝見しましたが、多分誰もが見ると泣きそうになると思います。次にオープンする本店の場所は、今も見つかっていません。

自粛により、生活や考えを見直した方が多いと思います。私も色々と考えました。例えば

次から次へと新しいものを作り、昨日より今日、今日よりも明日。次、次、次へと大急ぎ。

ー本当に、よく考えたうえでそれを「いいもの」とし、「いいこと」と判断して、動いてますか?

急ぐあまり、「得」を優先するあまり、バブルのごとく。盛ったりおおげさに見せたり、麻痺して、見ないふりしてぐいぐい押し進めたことの途中に、尊重すべき本当に価値ある存在(あるいはこと)があったんじゃないですかと。忘れそうだったけどぼんやりでも思い出した、「本当によく考えてみたら」価値のあること、存在、人を、リスペクトすることを、多くの人が思い出せるとよいなと思います。そして気づいたことを、みんながこれからに生かしたいですね。

都市の再開発でいえば、メディアと連動して盛大にPRされ、ピカピカの商業施設に人々が押し寄せ、それはそれは盛大に演出されますが、その向こうに静かに失われた価値あるものがあったと想う「余分」を、私は持っていたいです。

再開発は、長年その土地に集ってきた人たちの憩いや、思い、もう2度と元に戻らない風景やものを壊し去った後に、成立します。(もちろん再開発には経済効果、新しいものに触れるチャンス等のメリットがありますけれどもね)

原宿のコロンバン本店には、私にも多くの思い出があります。原宿のど真ん中にあった、歴史を感じるレトロなビル。今はなき、あの小さな3階建ての屋上にミツバチが住んでいたことを忘れないでいたいです。

なんだか徒然に感じたことを、乱文、ごめんなさい!
自粛をきっかけに感じたことを大切に、「新しい日常」を作っていたいですね。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.