チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

ヨックモック「抹茶のシガール」が美味しい!

2021/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ヨックモックの抹茶味のシガールが春から初夏まで限定販売されていて、それがとっても美味しいことを、ご存知ですか?

ヨックモック「シガール オゥ マッチャ」が美味しい

ヨックモックの「シガール」は、きっとご存知ですよね。

ヨックモックを代表する、ラングドシャ生地をロール状に巻いたお菓子。

「シガール」の抹茶味(抹茶チョコが中に入っているバージョン)が、2017年に13年ぶりの新味、として登場しました。

これがとても美味しくて、3年前に新登場したときから個人的に好きです。美味しいので要注意、といいいたいほど。つまり食べ過ぎないように……。

ヨックモックとシガールの基本はこちら

ヨックモックも、シガールも知らない人はこちらへ。

ヨックモックの語源は?

シガール オゥ マッチャの紙パッケージが登場。自分用に

 

「シガール オゥ マッチャ」は、通年販売でなく、春〜初夏くらいまでの限定販売です。

今年は「自分シガールオゥマッチャ需要」に応える形で、ちょっと小さめサイズの紙パッケージが登場しているのが、見逃せません。

これまでは缶入り8本入り〜で、ギフトにふさわしい仕様でした。が、今年初登場は6本入りの紙箱。

「かわいい缶だと、すてられない」

「しばらく愛でたい、とっておきたい」

という気持ちになるのがチョコ好き、お菓子好きというものですが、この紙パッケージならば葛藤がそれほどなくて、気楽です。

 

紙箱に6本入りは、自分用にちょうど良いと思うのです。(以前の最小サイズは、8本缶入りでした)

私のような「抹茶チョコ」好きな方はぜひ。バターリッチで美味しいです。紙箱とは言え美しいので、プチギフトにももちろん。6月末までの販売です。

詳しくはOggi.jp(小学館)で書きましたので読んでください。

【ヨックモック】シガール“抹茶”は、知る人ぞ知る名品♡

青山本店をはじめ、多くのヨックモックが営業を再開しました。
詳しくはヨックモック公式サイトへ。
新しい紙箱入り6本サイズは、店頭販売のみです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.