by Ayumi(市川歩美)

牟尼庵のトリュフがリニューアルしました!おいしい(2020年春)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。いまだからおうちチョコ!

今日は私の大好物をご紹介します。京都に拠点があるチョコレート専門店「牟尼庵」のトリュフです。

牟尼庵「春夏秋冬」(4月にリニューアルして登場)

 

牟尼庵は、2009年、京都の北白川にオープンしたチョコレート専門店。松屋銀座にもお店があるので、東京のチョコレートファンにもよく知られています。

おなじみなのは、ふわっふわ…のトリュフ。

牟尼庵では、トリュフがブランドのシグネチャー的存在で、これまでにたくさんの種類がありました。

その今年4月にリニューアルして、現在は全部で8種類になっています。内容は、アルコールの入っていないトリュフ4種のセットが「春夏秋冬」。4種類・4個入りで、味は蜂蜜、イチジク、抹茶、あずきです。

エアリーな口どけとやさしさ。高級日本料理のデザートに出てきそうな気がするくらい。フレッシュでひんやり、なめらかです。いまも、3人の女性だけがこのトリュフを手作りしていて、その「手作業」が伝わってきます。

ひとつひとつ、ころんと丸いトリュフが小分けしてパッケージされているので、配送でも壊れず、安心。

4種のうち、「抹茶」をまずはどうぞ。京都宇治の「石臼挽抹茶」の香りが高く、中の抹茶カラーに、きっと心癒されます。

ちょっと疲れた時、個性的な味に触れ続けた時。また、海外へでかけていて帰ってきたときなどに、すごく私をほっとさせてくれるのは、私が日本の文化の中で育った日本人だからだと思います。

くわしくは市川歩美の、「おいしいマルシェ」の連載を読んでください。
リンク↓

すべて手作り。和素材を使った牟尼庵のふわっふわトリュフ/ギフトにしたい名作チョコ vol.3

余談:ハート形のトレイは自作のチョコレート皿です。25年ほど前に、私が土から作り、お知り合いの窯でやいていただいたもの。牟尼庵のトリュフは、ふつうのボンボンショコラより大きいため、余白があんまりないですね笑

<おうちでチョコ> 牟尼庵のトリュフ「春夏秋冬」はオンラインショップから購入できます。

こんなときだから優しいお味を自分にプレゼント。老若男女幅広く、どんな方にもおすすめです。

オンラインショップ(「春夏秋冬」)はこちら

お酒を使った新作のセットもよいですよ。
牟尼庵オンラインショップはこちら

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.