by Ayumi(市川歩美)

グリーンビーントゥバーチョコレートのチョコレートケーキに思う(日本独自のビーントゥバーの展開)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

目黒川沿いにある「green bean to bar chocolate(グリーンビーントゥバーチョコレート)」のチョコレートケーキが美味しかったです。シーズンごとに楽しみ。

▲「エマーブル」※2020年3月23日までの限定

昨日いただいた「エマーブル」というチョコレートケーキです。
えっ、昨日まで?って感じですよね……

▲きのう、おいしかったから現地からおもわずツイート

ただし、安心してください。グリーンビーントゥバーチョコレートでは、シーズンごとにチョコレートケーキが販売されます。来月は新作が登場するようなので、次回作も、今後もどうぞ。

タンザニア産カカオと野いちごをあわせたチョコレートケーキでした。(過去形ですけど)

タンザニア産カカオの自家製チョコレートをムースにして、野いちごのジュレとあわせています。

タンザニア産カカオを選んだのは、ベリー感が野いちごとマッチするから。当初マダガスカル産で試作したところ軽やかさがあり、よかったけれども、やはりタンザニア産のがベターだと。底には、カカオパウダーを使ったシュクレ(サクサクのクッキーのようなタルト生地、シュクレだけど甘くないです)。

タンザニア産カカオの持つ複雑な風味と野いちごがあわさり、ぶどうのような風味が立ち上るみずみずしいケーキでした。

目黒川沿いの桜がきれいなので、桜とリンク。お花のデザインがかわいかったです。

ビーントゥバーブランドによるチョコレートケーキの進化が素晴らしい

グリーンビーントゥバーチョコレートは、チョコレートファンはご存知のとおり、カカオ豆からチョコレートまでを一貫製造する「ビーントゥバーチョコレート」専門店です。

カカオ豆を生産地から調達・選別・焙煎・粉砕……から続くすべてのプロセスを小規模に行っているので、こちらのチョコレートケーキは

カカオ豆の段階からチョコレートにまで、仕上げた人、
つまり人間なら、赤ちゃんから育ててきたお母さん。ちいさな「カカオ豆ちゃん」の頃からこの子の個性を生かして、おいしいチョコレートにまで育て上げた親みたいな人が、その子(カカオ)の
素性も個性も知ったうえで扱い、ケーキに仕立てている

のがポイントです。

一口味わえば、カカオの個性が伝わるのはそのためかな。主役はカカオ・チョコレートだから、チョコレートをカカオの段階から愛する方には魅力があります。

とはいえ、ここも問題で
いくら個性が表れていておしゃれであろうと「おいしいなー」という感動がないと、一度しか私の手はのびません……(これはきっと誰でも)

その点、グリーンビーントゥバーの製造スタッフさんは(新卒のお一人以外)全員パティシエ経験があります。つまり「おいしいものを作る技術を習得してきたひと」「美味しいものを知る人」です。

年々「前回よりおいしいものを作ろう」と試行錯誤した感じが、取材していても、ケーキやパフェを普通にいただいていても伝わってきます。

ananのチョコレート特集の紙面ではコメントしましたが、日本のビーントゥバーは類を見ない独自の進化をとげています。それはビーントゥバーが、ケーキやスイーツになって並んでいること。その味が「徐々に進化して、レベルアップ」していることです。

世界のシーンと比較して、この点が日本の個性だと私は考えます。初めてこんなに長く自論を語っていますが、長年見続け、味わい、考え、感じ続けていることです。

グリーンビーントゥバーのケーキに、空間ごと癒される

私は、いうまでもなくチョコレート好き(もちろんカカオの段階から)なので

カカオから手がけた人が
・その個性を尊重している、と感じられる
・おいしい
チョコレートケーキ

が好きです。

さらにセンスのよい場所でいただけたら最高。アメリカ発のクラフト・ムーブメントは、心地よいスタイルがありますね。目黒川沿いにあるこの空間と雰囲気が、ケーキをパティスリーで味わうのとは異なるものにします。

▲2019年夏のパフェ。カカオが主役のパフェの進化も毎年楽しみ。

長いチョコレート愛好家ですが、私はこんな新しいシーンの登場を、数年前まで予想すらできませんでした。

「カカオがここにいるね」と感じる&おいしいチョコレートケーキやデザートに出会える東京のシーンが楽しくて、これからも私は、今では自分が想像もできないような進化を楽しみにしています。

<text チョコレートジャーナリスト 市川歩美>

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.