チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

パスカル・ル・ガック2020年新作にまさかのパクチー風味、しかも素晴らしい

2022/01/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

バレンタインはもうすぐ!

私はいま、毎日テレビやラジオの番組に関わる仕事で動き回っていますが、読者のみなさん、たくさんチョコレート召し上がっていますか?

私のもとには、あらゆるチョコレートの情報があり、みなさんに伝えたいことが山ほどあります。そんな中、このことはお話しておきたいです。

パスカル・ル・ガック(2020)16個入の魅力

パスカル・ル・ガックファンのみなさん、このボックス、買いましたか?(ファンならお聞きするまでもなくゲットしていますよね)

毎回これくらいのサイズがお得だな、と私は思っています。今年もこれは買ったほうがいいです!とくにパクチー好きな人。

 

コリアンダーとココナッツ=パクチーとココナッツ、と呼びたい

 

パクチー、つまりコリアンダーですね、

これまでに、パクチーの風味をうたったボンボンショコラをいくつかいただきましたが、この新作が私は一番好きです。

あの独特な香りがチョコレートの中に見つかり、香りがさわやか。ココナッツとのバランスがよく、味がエレガントにまとまっているからです。

パスカル・ル・ガックシェフから、直接この新作ショコラに対してコメントをいただいています。

やっと自分のガナッシュにコリアンダーを使うことができてうれしいです。
何年も前に私はこの香りの抽出を試みましたが断念したことがあります。ですが、それは自分の中の「闘争心」を知らずしてこのことでした。そして今回、ついに自分好みのバランスを見つけることができました。
フレッシュなコリアンダーをココナッツとあわせることで、この香り高い構想のよさが現れるのです。

「闘争心」という言葉がパスカル・ル・ガックさんから出てきたのは、私の取材歴では初です。
バランスを見つけるのに、これほどの巨匠でも、試行錯誤されたのだと感じました。

コリアンダーの香りは、お店の近くのマルシェで選んだ、コリアンダーの葉と種を使って抽出しているそうです。

日本のマンダリンとシナモンを使った新作もすばらしい

 

『マンダリンとシナモン』も大好きでした。このショコラについて、ル・ガックシェフは、

昨年の1月、日本でマンダリン(みかん)と出会いました。マンダリンの繊細さをチョコレートにあわせるのはむずかしいことです。かなりの時間をかけて、マンダリンとシナモンのインフュージョンをくみあわせたショコラを完成させました。

とお話していました。

私の愛する、やさしい「ルガックバランス」。
いやされます。すごく好きでした。7個入りのボックスにも入っています。

さらに、ローズマリーを使った新作も素晴らしい!丸をつけて明記しておいたので参考にしてください。

ライムは、新作ではありませんが
「ルガックバランス」を体験できる、非常に上品なライムとミルクチョコレートのボンボンショコラ。

ぜひ初めての方には味わっていただきたいので、明記しています。

text

チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.