by Ayumi

タイチロウモリナガが最近凝ってて目が離せない(その1「ショコラブール」)

2020/03/14
この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

森永製菓のコンセプトショップ「TAICHIRO MORINAGA(タイチロウモリナガ)」から新作「ショコラブール」が5種類登場しました。凝ってます。なにこれ。

タイチロウモリナガとは

森永製菓の創業者・森永太一郎氏の名前がブランド名です。
タイチロウモリナガ、というショップがあります。

どこにあるかわからない、という方のために
公式サイトのSHOPページをリンクしておきます。
https://www.morinaga.co.jp/taichiro/

私はよく東京駅のグランスタのショップに行きますが、新宿ニュウマンのショップを利用される方も
私のフォロワーさんには多いみたい。

最新店の「渋谷スクランブルスクエア」のお店もいいですよ。
なんといっても、私が注目する「ガトー醤油ショコラ」がありますからね。

「ガトー醤油ショコラ」は、キッコーマンの醤油を使って、
キャラメルのような風味を実現したガトーショコラです。美味しいです。

↓みいちゃんと一緒に「ガトー醤油ショコラ」を東京FMの生放送で楽しんだ日の様子。

東京FMで峯岸みなみさんと「生」チョコトーク!

タイチロウモリナガの新作「ショコラブール」が、凝りすぎている

ガトー醤油ショコラも、相当凝っていまして、ああああもう、これは、と思いましたが
1月中旬に新発売となった「ショコラブール」もそう。
そして、やはり小野さんが関わった商品でした。

一見ふつうですが、マニアの香りがする、というか、相当凝っています。

※小野さん=小野隆さん。実にチョコレートマニアな開発担当者さん。

「ショコラブール」は5種。(3月14日までの限定販売)

「ラムレーズン」「マシュマロ」「キャラメル」「ルビーカカオ」「カカオグラッセ」が、それぞれ
1缶800円税別です。

「ショコラブール」は、ものすごく凝ったチョコボール

コロコロ丸いチョコレートの粒。言われたらそうか、と思うかもしれませんが、
森永、といえば、チョコボールですよね。

つまり「ショコラブール」は、最新の「チョコボール」です。
「森永製菓独自のチョコボール製造技術で」作った5種類。

昔からお馴染みの、キャラメルとピーナッツだけではなくて、その技術で森永さんは
こんな本格派も作れますよ、ということがここに現れているのです。

カカオ豆をまるごと一粒チョココーティング「カカオグラッセ」

‪5種類全部細かく紹介したいところですが
Chocolate Journalの読者が、やはり興味深く感じるのは、これではないでしょうか?
「カカオグラッセ」です。

まるごと1粒のカカオをチョコレートコーティングしたという、手の込んだもの。

カットしたものが右。
一見、アマンドショコラのように見える粒が、缶の中に入っています。

味わって驚くのは、やわらかいこと。
たいていこういうタイプのものは、カリっと固いですね。
ところが、なんというか、こう・・・甘納豆みたいです。

カカオ豆と甘納豆?
あれ、そういえば両方、豆?

よく考えると繋がらなくもないと気付いて楽しいんですけど笑
甘納豆的な食感、というのが近いです。
あるいは、固めのマロングラッセ、でしょうか。

製造方法をお聞きすると、カカオの中に1週間かけてゆっくり糖を染み込ませて(とはいえそう甘くない)やわらかく加工しています。
あっ。だから「カカオグラッセ」という名前なのか!(書いていて気づいた)

●Ayumi流「カカオグラッセ」の食べ方。こっそり教えますと……オリーブオイルとゲランドの塩をちょっとつけていただくとすごくおいしいです。ためして〜〜

カカオグラッセは、トーゴの女性を支援している

この丸ごと一粒のカカオは、
カカオ生産国「トーゴ」の女性が、ローストし、丁寧に皮をむいて仕上げたものです。

カカオをローストした後、皮を剥くのはとても手間のかかる作業で、一粒の形を残して皮をとるのは
手作業以外は難しいのです。

このカカオを森永が、通常よりも高額で買い取ることで、トーゴの働く女性を支えることになる。
つまり、社会支援も兼ねた商品でもあります。

手のひらサイズの、カカオモチーフの缶は、
チョコレート・カカオファンなら、小物入れに再利用しましょう。

1缶800円(税別)で、3月14日まで販売されています。

他の種類について簡単に

・ラムレーズン=レーズンサンドみたいな風味です。なにこれ、おもしろい。
・ルビーカカオ=ルビーチョコレートと、カカオパルプを使っていてフルーティ。新しい。
・マシュマロ=食べるエンゼルパイって感じ。エンゼルパイがチョコボールに変身??

そして、キャラメル。これだけ食感カリッとしています。キャラメルといえば森永!なるほど〜。

詳細はこちら→ https://www.morinaga.co.jp/taichiro/

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.