by Ayumi(市川歩美)

ドゥバイヨルのベルギー本店がオープン1周年(ベルギーにて)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Bruxelles(ブリュッセル)にいます。ブリュッセル といえば、Gland-Place(グランプラス )。私も大好きですが、世界中から観光客がひっきりなしに訪れる美しい広場です。

(今は朝なんですが)これが昨日の夕方、1年ぶりに訪れたグランプラス 。毎回ここに足を運ぶたびに、またここに来られた幸せを感じます。

ドゥバイヨル グランプラス店は、あれから?

グランプラスは、ゴディバ、ノイハウスなどの有名なチョコレート店がひしめき合っている、という意味でも幸せな場所。昨年はグランプラス内に「ドゥバイヨル 」がオープンしました。

昨年の市川歩美による記事は以下を参考にしてください。↓

ドゥバイヨルがグランプラスに旗艦店をオープン

2018年10月のオープンからちょうど1年がたちました。あれからどうなったかな、と立ち寄ったので、その様子をChocolate Journalに書いておきます。

まずは健在だったことにほっ!

ドゥバイヨル グランプラス店、メニューの変化は?

一年前の記事からの変化、としては、まず朝食がなくなりました。

理由は「グランプラスには、お客様があまり朝早い時間はいらっしゃらないので、お昼以降のメニューに注力することにしました」(当日お会いした社長のデイヴィッド・ジョルダーノさんによる)です。たしかに私の実感としても、朝はあまり人がいないかも。夜のライトアップが荘厳で美しいので、夜の時間にあえて訪れる方も多く、遅い時間も広場は真昼のように賑わっています。(そのあたりの感覚が、六本木あたりを拠点にする私には親近感があったりして)

軽食や軽食をとりたい方用に、4種類の小さなケイクをのせたメニューができていたのと、ベルギー風ワッフルのサレ(あまくないもの)もご用意されています。なので軽食メニューはあります。

それから「日本茶」。サロンで引き続きいただけます。「とてもスイーツに合うので、スタッフの方がお薦めすると、日本人以外の方にも好評」(ジョルダーノさん)だそう。

また各種ケーキが随時デビューします。今回はここではじめて見た(日本にもないです)「フォレノワール」をいただきました。

デザインがモダン。オリジナルレシピはマルク・ドゥバイヨルによるものですが、形は現代に合わせてモダンに変化しています。

インテリアの変化

インテリアの変化はさりげないのに大きい。

大きなタペストリーがいくつも展示されています。これがしばらく気づかないのに、結構大きいのです。しかもいくつもあります。だけど気づかない。言われてうわ、ほんと、と思ったという、それってすごいな、と感じました。空間と調和しているです。

私が気に入ったのは、チョコレートモチーフのこの作品。ベルギーが生んだシュルレアリズムの芸術家、ルネ・マグリットが頭をよぎりますが、これらは、パッケージデザインなどを手掛けるデザイナーがデザインしています。織物は、トラディショナルなベルギーのジャカート織です。

これだけでなく、何メートルか確認してませんが、巨大で写真に収まらないものすらあるので、現地でご覧ください、みなさん。

ショーウィンドーのブランドロゴは24金

ショーウインドーにゴールドのロゴが施されました。24金を使ったリアルなゴールドの輝き。

このような作業が、現地の美術アカデミーの教授が自ら行うことにより作られています。(写真を快く提供してくれたのは、デイヴィッドさん)

歴史的な建物ゆえに、全体のゴールドの輝きとの調和を崩すわけにはいきません。同じテクスチャー、カラーののゴールドをイタリアから選び、使用しているそう。上品な輝きです。ぜひこれも現地でみてください。

あとは、ファクトリーで撮影された写真、創業者のマルク・ドゥバイヨルの写真が飾られ相変わらずエレガントでモダン、上品な空間でした。ベルギー観光される方は、2Fのカフェや、今年3月にできたという1Fのテラスが広くて、広場をみながらゆっくりできるので、観光にちょっと疲れた方など、おすすめです。

社長とふつうに撮影(ベルギー風?)&日本風の(ピースしてにっこりする)写真をご一緒に。

お会いしたディヴィッド社長は、こんなことをおっしゃっていました。

「私はこのショップを誇りに思っています。私たちは日本のみなさんにスペシャルな感覚を持っていただけること、あとはFeel at home(お家にいるような)と感じていただけるようなブティックでありたいと思っています。日本の方は良い味をよく知り、クオリティをよく知っている、最も世界でハイスタンダードでdemandingなのが日本人だと思っていますよ」

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.