チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

可愛いだけじゃない!チロルチョコ「いちごもち」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】by Chie Araki

レジ横の商品として置いてあることも多いチロルチョコ。思わず1個、ついで買いした経験が皆さんにもあるのではないでしょうか。

さて、今回ご紹介するチロルチョコは袋入り。

真っ赤なアーガイル柄と、もちくんのイラストが目印です。

チロルチョコ株式会社は、「いちごもち<袋>」を2022年11月7日より発売しました。

7個入りで、1袋108円(税込参考価格)。1個あたりで換算すると、10円ちょっとというお手頃な価格は魅力です。

 

進化するチロルチョコ

 

ここ最近のチロルチョコは、多層化し、複雑な構造の商品が増えました。

「いちごもち」も、その一つです。

底はホワイトチョコレート。中には、もちグミといちごソースが入り、上部と側面はいちごチョコレートで覆われています。この小さい25mm四方のサイズに、2種のチョコレートとソース、グミが詰まっているとは!

「いちごもち」を食べてみても驚きました。ホワイトチョコのパリッとした薄さと、ジューシーないちごソースが、もちグミにしっかり絡んでいます。

全てが混ざり合うことで、お餅のようなトロッとした食感がうまれ、絶妙な口どけに変化。いちごの味わいも、単に甘さだけではありません。酸味もほのかに感じます。

 

変わる、もちグミ

 

2003年に発売され、大ヒットした「きなこもち」。今では寒い季節限定のロングセラー商品です。ポイントとなる、もちグミですが、当初グミっぽさが強かったものの、近年は歯触りなど、どんどんリアルなお餅に近づいている印象でした。

広報の方にお聞きしたところ、

「もちグミは、これまで何度かリニューアルをして、柔らかさを調整しています」との回答が。さらに「いちごもち」では、いちごソースを入れるため、「きなこもち」のもちグミより、少し薄めに加工しているそうです。

「いちごもち」の開発期間は1年。特に苦労した点は、「フレッシュないちごの果実を感じられるような、中身の分量調整」とのこと。

可愛らしい見た目の中に、緻密な計算がこの一粒にありました。

ベトナムでも工場展開

 

チロルチョコ株式会社では、全国に流通する様々な味のチロルチョコを、全て福岡県田川市で製造していますが、2019年にチロルチョコ ベトナムを設立しました。国内工場のフォローアップと、海外(アジア)展開を見据えているそうで、今後が楽しみです。

秋冬限定のため、店頭からなくなり次第終了してしまう「いちごもち」。

「きなこもち」と食べ比べてみるのもおすすめですよ。

<INFO>

チロルチョコ「いちごもち<袋>」
発売日:2022年11月7日(月)
価格:108円(税込参考価格)
※お取り扱いのない店舗もあります。また、商品がなくなり次第、販売終了です。

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】text:荒木千衣

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.