BY AYUMI ICHIKAWA

ロイズ京都「黒糖と宇治抹茶のチョコレート」

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

「ロイズ京都」をご存知ですか?京都を巡るロイズの移動販売車や、京都の百貨店の催事・ポップアップショップなどでしか販売されない、ロイズのスイーツやチョコレートのブランドです。

ロイズ京都の商品の中から、特に、私(市川歩美)が気に入っている「黒糖と宇治抹茶のチョコレート」について書きます。

ロイズ京都とは?

 

「ロイズ京都」は、2021年秋に生まれた、ロイズのブランドです。

「北海道のロイズが、京都に出会い、和と洋の垣根を越えた、新たなスイーツを」。

そんなコンセプトで、抹茶などの京都素材や、黒豆や山椒など、古来から京都で親しまれてきた素材が、使われています。

パッケージも京都のイメージ。碁盤の目状の平安の京都を進む牛車の車輪や、和傘などからインスピレーションを受けたデザインで、京都のお土産にもよさそうです。

 

京都で、期間限定でしか買えない

 

「ロイズ京都」の商品は、どこで買える?

ということですが、実は基本、京都でしか買えません。さらに、京都府内を中心に巡る移動販売車、または、京都の百貨店の催事・ポップアップショップのみ。

現時点では、他の地域や、オンラインショップなどでの販売はないのでなかなかレア。

販売スケジュールは、ロイズの催事情報をチェックしてください。
ロイズの催事情報

黒糖と宇治抹茶のチョコレート

 

「ロイズ京都」のチョコレートの中で、私(市川)が気に入っているのは、「黒糖と宇治抹茶のチョコレート」です。黒糖と抹茶が2層になった、キャレ状のチョコレート。ひとつずつ、包まれています。

ぜんぶで、18枚入り。

写真のように、上は宇治抹茶のチョコレート、下は沖縄産黒糖のチョコレートと、2層になっています。つつみをあけると、黒糖と抹茶のよい香り。

2層の、宇治抹茶と黒糖、それぞれの風味がよく、力のある素材の調和が魅力的な和チョコ、ホワイトチョコレートベースです。

以前、別のメディアでもお話しましたが、私は、もともと「ロイズ石垣島」の黒糖チョコレートが好きなので、やっぱりこのチョコも好きなのです。

ロイズの沖縄産の深みのあるおいしい黒糖を、チョコで手軽に味わえる魅力と、力強い黒糖が、抹茶の2素材が組んだことに進化を感じました。

沖縄の黒糖と、京都の宇治抹茶を使い、北海道のロイズが作ったチョコレート。ユニークでしょう?

お近くの方は、早速、催事をチェックしてみてください。

INFO

「ロイズ京都」
「黒糖と宇治抹茶のチョコレート」
18枚入り 税込756円(本体価格700円)
*オンラインでの販売は今のところありません。
催事・販売スケジュールは以下をチェックしてください。
ロイズの催事情報

ロイズ京都

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.