チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

チョコレートジャーナリストの日々 チョコの進化と髪型の変化

2022/11/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日は11月27日です。夜、この記事を書いていますが、窓の外の東京タワーがブルーでとてもきれい。11月ももう終わりですね、皆さんはいかがお過ごしでしょう?

ちょっと、私の仕事のことをお話しします。例年特に、秋から2月14日のバレンタインまでは、一段と多くのチョコレート関係の仕事に携わっています。

それとは別に、ジャーナリストとして、チョコレートやそれから派生した別テーマで執筆もしますので、それも並行しており、なかなか脳も体も、走り回っている感じです。

そんな中。ちょっとチョコとは関係ないお話をしますね。

 

気分にあわせてヘアスタイルも変えたい話

広島アンデルセンにて

 

最近髪を切ったんですよ。

SNSでも「髪型がナッツ系」などと書きましたが(ナッティはベネズエラ産カカオだけにして!笑)、実は私は地味に、髪型を結構変えるのが好きで、これまでベリーショートだったこともあればロングだったこともあります。その変遷は、古くから私を知る、主に放送業界の友人はよく知っています。

ところが、チョコレート関係の仕事をするようになってから、髪型を変える頻度が減りました。なぜなのかと考えてみたら、どうもプロフィール写真を利用するようになって以来、です。いくらなんでもあまり写真と違うといけないよね、という意識が無意識にあった様子。

がしかし。それってどうなんでしょうか。

髪型を私が変えたいんだからやっぱり変えたいよねー、ということなのです。すっくと立ち上がって美容院へ。もっというと本当はカラーもしたかったのですが、そこは今回思い留まり。

あと、私はメガネ好きですが(取材時は眼鏡をかけていることが多い)メガネもなるべくかけないようにしていたりして、でもまってまって、もうちょっと自由でいいんじゃないのと感じたりもして。

そんなわけで、ヘアスタイルを変えたので、プロフィール写真も撮りなおす予定です。出来上がったらあちこちで使いますのでご覧ください。しばらくはこの髪型ですが、また変わったとしても「ああ、あゆみさん、気分がかわったのね」と、思ってくださいね。

 

センスについて

 

センスの話を、気の合う方とはよくします。

みなさんが私をどうみているか、よくわかりませんが、なんというか、そもそも私は、昔からあまり周囲の人が平均的に好むものに、個人的にはそう興味を持たない方です。(メディア的には別の話)

Iam(大和書房)のインタビューでも答えましたが、昔から私は個性的なアーティストが好きで、友人もセンスのあう人たち。ファッション、音楽、映画も、独自のセンスを持つものが好きです。

そんな私なので、団体行動を好む方でなく、ぺったりとつるむなどの意義を感じず。そのかわり、その都度これはよいと思うこと、思いや意味がありご一緒する場合には、最大限盛り上がります!(ディレクターという仕事は、基本そういうものです)

私は多くの人のことが好きで、(いつも楽しく私とお話してくださるみなさん、みなさんのことですよ、ありがとうございます!)多くのことに興味を持ってますが、レッテルには興味がなく、グループになっていて目立つ、とか、見せ方のトリックやおおげさな演出、声が大きい、などとの理由で、魅力を感じることもありません。魅力を感じるものは単一ですごいのです。単一の方がすごさは際立ちます。

 

チョコは進化する友だち

 

チョコレートジャーナリストとして、今はがっつりチョコの仕事をしていますが、私は元来、メディアの人間(今もですが)で、放送業界出身です。

放送局時代、あの頃はただならぬファッション好きだったものです……。でも、ここのところ忙しさにかまけて気分にあった服を選んでいなかったなーなんて振り返って、先日は、渋谷でうきうきと洋服を選んだりもしました。髪型のせいもあります。髪型と服は関係が深いですね。

リーガロイヤルホテル広島のお城ヴューが見事なお部屋

 

チョコレートの世界は、近年だいぶかわりました。風通しがよくなった、といってもいいかもしれません。クラフトチョコレートシーンには、哲学がありクールでユニークでかっこいい人もいて、うわーこれこれこの感じ、とうれしくなったり、個人的に気づかされることがあったり。

チョコレートにはいつの時代も、様々な側面があります。多面的だと言うことです。目立つ一カ国じゃないですよ、世界各国、どこの国にもあります。カカオ生産地があり消費国があり。歴史的にも今も多くの人が関わっている。

チョコレートが時代に応じて変わり、関わる人も表現も多様であるように、私も何かに縛られることなく動いていこうとあらためて思う今日この頃です。

 

修復工事をおえた厳島神社の鳥居!期間限定でこんなに近づけた!

 

それにしてもチョコレートは友だち。いやー期待を裏切らないな、いつの時代も。

友だちってそうものですよね、いつの時代も進化していて、気づかせてくれることがある。自立していて、依存しあわない。潔くも新しい、その進化に見習うことが多いです。チョコレートシーンにかかわる人々の愛やセンスに痺れる一瞬が、私の元気の源。

今から12月は年末まで、多くのスケジュールがありますが、みなさんにお会いすることもありそうです。その際は、髪が短くなってナッティだったり笑、なんらかの変化があるかもしれませんが、楽しくお会いできればうれしいです。引き続きよろしくお願いいたしますね。

今年も気づけばあと1ヶ月あまり。お体にきをつけて、楽しい12月をお過ごしください。

text チョコレートジャーナリスト 市川歩美
(写真は広島取材時シリーズ)

おまけ:明治のアリカさんとのインスタライブにて(ご一緒したみなさん、ありがとうございました!)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.