BY AYUMI ICHIKAWA

ジャン=ポール・エヴァン 夏のヴェリーヌ8月編 夏だけのケーキも

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ジャン=ポール・エヴァンの8月限定のヴェリーヌが登場しています。他にも8月まで販売されている、夏の限定ガトーも。先日味わってきましたので、レポートしますね。

8月末までの限定ヴェリーヌ

 

8月末までの限定ヴェリーヌは3種ありますが、私がいただいたのは、2種類です。

ヴェリーヌ ココ パッション

ヴェリーヌ ココ パッション お持ち帰り821円 イートインは836円 *8月末まで販売

 

こちらは「ヴェリーヌ ココ パッション」。

白い部分に惹かれてしまいました。ここは、ココナッツのクレムー。クレムーとは、フランス語ですが、なんというかクリームっぽいふわりとしたテクスチャーです。

オレンジもきれいですね。こちらは、パッションフルーツのジュレです。甘酸っぱいこのジュレが、ふんわりとしたペルー産カカオのショコラムースと調和。

縦にスプーンをすすめて、層を全部一緒にいただくとエキゾチックな風味が楽しめますが、ココナッツのクレムーと生地の部分を一緒にすくい、ココナッツケーキみたいにしていただくのも美味。

 

ヴェリーヌ バナーヌ グリオット

ヴェリーヌ バナーヌ グリオット テイクアウト794円 イートイン809円 *8月末まで販売

 

こちらは、甘酸っぱいグリオットチェリーの風味が鮮烈。赤い部分はベリーではなく、果肉入りのグリオットチェリーのジュレです。

ドミニカ産カカオのムース、真ん中あたりに、バナナソース。ちょっと想像できないかもしれませんが、グリオットチェリーの甘酸っぱさと、果肉の食感、バナナならではの食感と風味がよくあうんです。それをショコラがまとめていて、ワクワクするような調和に。

いずれのヴェリーヌにも、生地が入っているので、スプーンですくうと少しケーキのようになって食べ応えがあります。

 

シロップ加えるとマリアージュするドリンクもある

 

バー ア ショコラ(カフェスペース)では、ドリンクとともにオーダーを。

こちらがメニューの写真です。

今回、私は「テ グラッセ ア ロランジュ」をオーダーしました。(写真左のオレンジ色のアイスドリンク)。

オレンジを絞ったフレッシュオレンジジュースとスパイスが香る紅茶をあわせたオリジナルアイスティーです。

「ヴェリーヌ バナーヌ グリオット」とあいそうかも、と選びましたが、アイスティーに柑橘の酸味があるため、調和はいまひとつ……。

でも!

安心してください。前回もおすすめしましたが、シロップ(無料)を別オーダーし、このアイスティーに少し加えるだけで、ヴェリーヌととてもよいマリアージュとなります。7月編で書いた「テ グラッセ エキゾティック」も同じく、シロップを。この差は大きいと感じますので、ぜひためしてください。

 

パッション

パッション *8月末まで販売

 

このケーキ、ご存知ですか?

6月から8月まで限定販売されている「パッション」です。

味わうとサクサク食感がなんとも軽快。パッションフルーツ風味のビターチョコレートムース、ビスキュイショコラ、ラム酒が香るガナッシュ、そして一番下には、サクサクのクルスティヤンがあります。トップはヌガティーヌ。

さりげないラム酒の香りと、クルスティヤンのサクサクぶりに注目を。8月末までのガトーです。

このほかにも、今、ジャン=ポール・エヴァンには夏ならではの魅力あふれるショコラがあり、うれしくお持ち帰りしました。それについては、近々またレポートしますね。

ジャン=ポール・エヴァン

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

夏チョコが楽しいジャン=ポール・エヴァン 今月も夏の新作ヴェリーヌを!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.