BY AYUMI ICHIKAWA

ピエール マルコリーニ「デギュスタシオン ドゥ カカオ」が素晴らしい! チョコレートをカカオから知るメニュー

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ピエール マルコリーニのメニュー「デギュスタシオン ドゥ カカオ」はチョコレートを深く知りたい人のための、おすすめメニューです。

銀座で味わいましたので、みなさんに、内容をシェアします。

デギュスタシオン ドゥ カカオ 1980円(税込)*銀座本店と名古屋店で提供(画像:ピエール マルコリーニ)

デギュスタシオン ドゥ カカオ

 

「デギュスタシオン ドゥ カカオ」はピエール マルコリーニで、3月から提供されている新しいメニュー。

このメニューは、おいしさを楽しむだけでなく、チョコレートのルーツやなりたちを知ることができます。

「チョコレートを考えたい」方、「カカオやチョコの知識に興味がある」方にも、ぜひおすすめしたい、勉強になるしおいしいメニューです。

 

カカオ豆からチョコレートを手がけるマルコリーニらしいメニュー

 

それにしても、これまでにピエール マルコリーニにこういうメニューはなかったなぁ、と、私は個人的に感慨深いです。

ピエール マルコリーニが、2001年に日本上陸して以来、だいぶ長いこと、ブランドを知っているんですが、こういうメニューに出会ったことはありませんでした。

ピエール マルコリーニらしいのです。

マルコリーニ氏は、もう20年以上前から、カカオ豆の選別の段階から、一貫してチョコレートを作り続けている職人。これが他のチョコレートブランドとの大きな違いです。

そういう意味では、カカオ豆(チョコの原材料)からの流れを1プレート上に揃え、それらを美味軸をぶらさずまとめたメニューは、ピエール マルコリーニにあって然るべきメニューと、私は感じます。

 

デギュスタシオン ドゥ カカオの内容は?

 

では、内容について。オーダーすると、様々なかたちの「カカオ」「チョコレート」がのったプレートが運ばれてきます。

こんな感じで、9種類。

右上には、カカオ産地の異なる3種類のタブレットが並んでいます。タブレットが、味わいやすいようカットされていて親切。

この日は、中国産、マダガスカル産、サントメ産カカオのシングルオリジン。カカオによってチョコレートの味が全く違うのがわかるので、これだけでも、結構チョコファンは楽しいかも。

さらに、ブランドを代表するハート形の赤いボンボンショコラ「クール フランボワーズ」、シグネチャーともいえる「ピエール マルコリーニ グラン クリュ」、写真左下に見えるのは、ブティックで人気の「ガトーショコラ」です。おいしいですよ。

このあとが面白いのですが、チョコレートの原材料、カカオを感じられるアイテムたち。

・チョコレートの原材料のカカオの果肉を使ったソルベ(写真手前)
・カカオ豆の糖衣がけ(白い器)
・カカオハスク(カカオ豆の外皮)を使ったカカオティのジュレ(写真上)

チョコレートになる前の、カカオを使ったバリエーションが3種類も味わえます。なかなか貴重。少しずつなのもいいです。

ソルベは、カカオの果肉の味がよくわかりますし、つるん、とおいしいカカオハスクのジュレは、もしかしたらカカオティ以上に、ハスクの香りがわかるかも。

白いお皿に入った、カカオ豆は、この日はベトナム産でした。

チョコになる前の、ローストしたカカオ豆を砂糖がけしたものですが、カカオ豆にお砂糖がかかるだけで、だいぶおいしくなるので、初めての方にもおすすめ。

 

メニューも充実

 

オーダーして、これもとてもよいなぁ、と感じたのは、リーフレットです。

チョコレートの原材料のカカオってどんなもの?

と、まだよくわからない方も多いと思います。そんな方は、このリーフレットが理解を助けてくれます。持ち帰って読んでも楽しそう。

右側には、9種類のプレートにのったアイテムの説明も。

ちなみに、この紙は、カカオ豆を包んでいる外皮(廃棄されてしまうもの)を再利用したエコロジーペーパーだそうです。

カカオからチョコレートまでの流れを理解しながら、トレンドのカカオパルプの味、カカオティやローストしたカカオそのものの味を楽しめるメニュー。

メニューは今のところ期間限定にはしていないそうなので、銀座で、名古屋で、楽しんでみてください。チョコジャーナリストの市川歩美公認にしたい感じの、おすすめメニューです。

ピエール マルコリーニ

text&photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

ピエール マルコリーニの夏パフェ「パフェ マチェドニア」がおすすめ

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.