by Ayumi Ichikawa

ロイズの「クルマロ」はロイズ通の定番

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

「おとりよせネット」の連載でロイズの「クルマロ」のことを書きました。ロイズの「クルマロ」。ご存知ですか?私は20年前くらい前からよーく、知っています。

写真:ロイズ

ロイズ「クルマロ」とは?

 

「クルマロ」はロイズの人気チョコレートであり、1987年に生まれた、ロイズのロングセラー。

棒のような形のミルクチョコの中に、マシュマロとくるみが入っています。サイズは、タテ4.5cm×高さ3.0cm、長さは17.5cm。1059円(税込)と、リーズナブルプライス。

ロイズは、生チョコレートやポテトチップチョコレートが有名ですが、ロイズの方によると、クルマロの固定ファンは多く、物産展などではピンポイントで「クルマロ指名」が必ずあるそう。

オンラインショップでも購入できます。

クルマロの食べ方

 

なんというか、恵方巻き、みたいなサイズ感なので、このままがぶりといくものなのか?と写真を見るだけだと思うかもしれませんが、そうではなくて、好きなだけ、ナイフでライスして味わいます。

私は、薄めにスライスしてぱくっ、と味わうことが多いです。おなかがすいていたら、かたまりのように大きく切ってぱくりといっても。

でも、上品にもなります。お皿にのせ、紅茶などとともに。

クルマロの語源を知っていますか

 

ミルクチョコのなかに、マシュマロがふんわりとはいっていて、くるみがかりっ。この食感の対比なのです。まずは、クルマロとは。さらにマシュマロとクルミとミルクチョコの味の調和。これもクルマロ。

クルマロの名の由来は、クルミとマシュマロを使っているから

という事実は、意外と古いチョコレートファンの間でも知られていません。かわいい由来だなー、と最初伺ったときに思いましたが、でも私の中では、すでに、くるっと、まろやかにまるい、みたいな、名前の音とイメージとチョコの存在がマッチしている、とか、感じていました。

便利なのは、保存しやすいパッケージ。透明な蓋つきのトレー入りなので、たとえば、半分食べてあとは来週、というときも、ラップに包み直す必要がないのはエコでラクですね。

私のように、チョコレートとこれだけ深く長く、友だちみたいにおつきあいしていると、パッケージがフレンドリーだととてもうれしいのです。例えば、一度開けたら、二度ときれいにしまえないようなものより、気持ちよくきれいにしまいなおせるものが断然、好き。

全国に固定ファンがいるという、ロイズの34年つづくロングセラー。3ヶ月日持ちするので、安心してギフトにも。

多くのチョコファンの読者が「これ、私も好き」と今、感じているかもしれません。ご存知ない方は、機会があればどうぞ。多くの方が「おいしいね」と楽しめる、おすすめのロングセラーです。

おとりよせネットで書いた記事はこちら

クルマロ(オンラインサイト)

text photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.