by Ayumi(市川歩美)

チョコレートジャーナリストの日々 「チョコは友だち」

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

集中して取り組むお仕事がつづいていまして、ちょっとThe Chocolate Journalに書くのがご無沙汰しています。チョコレートファンのみなさん、お元気ですか?

今日はちょこっと思い出したことなどを、つれづれに書きます。

ノリコ-ショコラ

私にとってチョコは、友だち

 

数年前のこと。
J-WAVEの野村友里さんがナヴィゲーターをつとめる番組に、ゲスト出演させていただいたことがあります。J-WAVEニュース

そのとき私は、野村さんにたしか「チョコレートとは市川さんにとって、なんですか」というような質問をされ

「チョコレートは、”友だち”です」

というように、答えた記憶があります。

これは一貫して変わらず、なかなかこれに変わる表現がないな、と数年たった今も、やはり感じている、というお話です。

 

好きだけどのめりこみすぎない、けど好き

 

チョコとは5才くらいから、随分長いつきあい。ふりかえれば、べったりしすぎないから、いい関係なのかもしれません。なんというのでしょう、のめり込みすぎると見えなくなりませんか。人もそう。

長くいい関係でいるには、お互いが成長し続けているのも大事ではないでしょうか。その点、私はチョコの成長がおもしろく、ひそかによく感心しています。ただ逆に、ちょっと違うな、と感じることも。しかしそれは今後につながるプロセス、と見守ったりもして。

大好きなチョコを仕事にしている、という稀有さで、私のチョコ好きは十分すぎでしょうけれども、好きすぎてどうにもならん、と溺れるようなのめり込み方はやっぱりしていないです。

私はチョコレート番組担当プロデューサー兼ディレクターで、人事異動はないんだなー、なんて感覚になることもあります。放送業界が長いため、目線も感じ方もこんな風みたいです。

 

チョコがつれてきてくれる出会いがうれしい

 

チョコは友だち。よく、私におもしろい人を連れてきてくれます。

人だけでなく、チョコレート自体も。海外の街中でふと視線を感じてふりかえると、うわ、すばらしいチョコが、なんてことも妙かもしれませんが、少なくないです。

2000年代に入ってからはWEBからまさにワールドワイドウェブ的に、チョコは私に、思いがけない素敵な出会いをたくさん運んできてくれました。チョコと私はつきあいが長いので、チョコ側も私の性格をよくわかって繋げてくれているかのよう笑

また、チョコはアートと友だちです。アートや音楽、ファッションを愛する私が、チョコに興味を持ったのも、振り返れば自然なこと。チョコはおやつにとどまらない。アートと相性がよいことを、私は大人になって理解しました。

優れたアーティストさんにチョコレートラバーが多いのも、うなずけます。

直近では、L’Arc-en-Cielのyukihiroさんや、GReeeeNのHIDEさん(22日にNHKでまた再放送があります)とお仕事をさせていただきました。お話の中で、選んで私に投げかけてくださる言葉ひとつをとっても、はっとするものがあり、何より楽しく、私自身が多くを学びました。

「チョコレートは友だち」というのは、まあこんなふうに、掘り下げると深い話になります。そういえば、先日、GReeeeNのHIDEさんとのNHKの番組で「チョコレートと歯は友だち」というお話にもなりましたね。うわーいいなーとか思っていました!

はい。また、ちょこちょこ、チョコレートジャーナリストの日々や、どこかでお話します。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

関連記事

GReeeeNのHIDEさんとチョコレートのお話「GReeeeN HIDEの ミドリの2重スリット」

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.