by Ayumi(市川歩美)

帝国ホテル 「フリュイ」(市川歩美のお気に入り)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

帝国ホテル 東京「ガルガンチュワ」で販売されているチョコレート「フリュイ」に注目しています。marie claire style(マリ・クレール スタイル)の市川歩美の連載、「チョコレートに恋してー In Love with Chocolate」で書きました。

帝国ホテル 東京「フリュイ」テキスト 市川歩美

記事は以下をクリック

<チョコレートに恋して>第9回サプライズを味わう、まるでアートのようなチョコレート

 

帝国ホテル 市川幸雄シェフによるチョコレート

 

marie claire style(マリ・クレール スタイル)の連載では、ライフスタイル全般に感度が高く、美しく、よいものを知る読者の方にむけて、とっておきのチョコレートをご紹介しています。

第九回の今回ご紹介した、帝国ホテルの「フリュイ」は、私のおすすめチョコレートです。出会ったのは、昨年のバレンタインシーズンでしたが、そのときから、これは、と思っていたもの。

昨年は、プロのショコラティエのみなさん(みなさんよくご存知の方々ですよ)ともメッセージで「これは他にないですね」なんてやりとりしたものでした。

このチョコレートは、2019年に、帝国ホテル開業130周年を記念して作られたものです。

チョコレートは、フルーツ型で3種類。きいろは「ゆず」、パープルは「いちじく」、赤は「マンゴー」です。

すべて、ほんのりですがカクテルの風味。カクテルに浸けたフルーツを、ガナッシュに入れて、ホワイトチョコレートコーティングしています。

 

3種の内容は

内容は

「マンゴーのガナッシュ+ドライマンゴー」(ウォッカとマンゴーリキュールをあわせて)

「ゆずのガナッシュ+ゆずピール」(テキーラとオレンジリキュールをあわせて)

「いちじくのガナッシュ+ドライいちじく」(ポートワインとカシスリキュールをあわせて)

三種のフルーツの風味が、ぎゅっと小さな一粒に凝縮されて際立ち、とても美味しくて驚きます。

 

不揃いなのに、トータルで美しくて、癒される

 

3種ともに、ぱっと心華やぐ彩りがカラフル。ひとつとして同じ形はありません。それは、すべて帝国ホテルのショコラ専用アトリエで、ショコラティエが手作りしているから。

帝国ホテル 東京のショコラティエ、市川幸雄シェフには、先日も「ほかでみたことないんですけど」「一体どうしてこうなるんですか」というような、抽象的な質問をしてしまったわけですが(こういう質問ができるショコラティエさんやアーティストさんが私は比較的好きです)、お答は、やはり何に習ったわけでも、何をモチーフにしたわけでもない、とのことでした。

フルーツのガナッシュというだけでなく、華やかに、カラフルに、丸くして。ドライフルーツを使って食感を加え、使うお酒は一種ではなくカクテルに。ドライフルーツをカクテルに漬け込み、そしてフルーツの色と形は、あえてばらばらに。

市川シェフにもお伝えしましたが「ひとつひとつ、カラーも形も違うのに、全体が美しいのがユーモラス」です。自然に育ったフルーツが不揃いであるがごとく、このチョコレートもそう。それが癒されるのです。そのうえで、総合的に、美しくてユニークです。

帝国ホテルのシェフショコラティエ、市川幸雄さんは、2007年に洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で日本代表選手の一人に選ばれて、優勝を勝ち取った方です。

私も市川、なので、勝手に親近感を持っていまして(親戚ではなくて残念!)しかも、市川シェフとお話すると楽しいです。どんな新しいチョコレートが登場するのかと、いつもワクワク。

ヴィジュアルやコンセプトにとどまらず、創業130年、歴史ある帝国ホテルの宿泊客や、グルメな「ガルガンチュワ」の顧客のみなさまを、満足させる味であることは、いうまでもありません。要するに、おいしいなー、となります。

他にも、ユニークで美味しいチョコレートがありますので、別記事でご紹介予定です。

お出かけしづらい方に朗報!
クレジットカードをお持ちの方は、配送のご相談ができるようです。「ガルガンチュワ」にお電話してみてください。

■問い合わせ先
ホテルショップ ガルガンチュワ/03-3539-8086

■ボンボン ショコラ「フリュイ」(各3個 計9個入り)3,000円(税込)
帝国ホテル 東京 ホテルショップ「ガルガンチュワ」で、通年、店頭販売

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

 

帝国ホテル 東京「カカオショコラ」バナナとカカオが出会う

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.