by Ayumi(市川歩美)

ディーン&デルーカ オレオがっつり「クラッシュチョコレートマフィン」がロックすぎる!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

先日インスタライブでお話した、ディーン&デルーカのオレオがっつり「クラッシュチョコレートマフィン」について。

 

ディーン&デルーカは、うちから徒歩圏内に数件あり、カフェでミーティングしたり、お惣菜を購入したりと、ときどき利用させていただいています。

そんななか。昔から、なんとなく見て見ぬふりをしていた、このオレオがっつりマフィンを、ついに買ってしまいました。

実は、いつもこの子が私にアピールしているような気がしていましたが、わかってるよ、すごいアピール力だしいつでも買えるし、なんて思いながら、今になっていました。

マフィンがロックすぎる

 

日によって妙にたべたいものがあるのは、自分でも面白いこと。この日はなぜかすごくアメリカンマフィンのようなものが恋しくなった日で、そんなとき、ちょうど通りすがったディーン&デルーカの店頭で見たのがこの様子。

すごい。はげしいなこれは、と!

もはやクラッシュが「ザ・クラッシュ」(知ってますか?)としか思えなくなり、頭の中を「I Fought the Law」がループしはじめて、その勢いで購入してしまいました笑

クラッシュチョコレートマフィン 340円

 

自宅に持ち帰り、インスタチョコライブでフォロワーさんに「買っちゃいました」報告をすると、思った以上に盛り上がって、このマフィンをお好きな方がいらしてびっくり。

写真は、ライブ後に撮影したものです。実は、並んでいた中で、一番激しくオレオが刺さりまくっているのを厳選して買っています。

横から見ると、ワイルドさがより分かりやすいです。なにか主張したいことを抱えながら、簡単には口に出せずにいるドナルドダックのようにも見え、向き合うほどに、音楽シーンならパンクかロックです。

内容は、チョコレートチップやマシュマロ入り生地に、オレオクッキーをがっつりトッピングしたもの。チョコレート感が特別強いわけではありませんが、クッキーのサクサク感(グサグサ感)とマフィン生地の対比がよく、美味しかったです。

また、先日体験してわかったのですが、ディーン&デルーカで買ったから、と大切にカットしたりして上品に食べると、美味しさが損なわれます。カットしたりせずに、大胆にぱくぱくと食べるのがこのマフィンを生かすのです。

(これはチョコレートにもいえることで、ボンボンショコラ用ナイフでカットしないほうが、絶対においしいと感じるショコラは多いです)

ブルーベリーマフィンがおいしかった!

 

そして、隣に並んでいたので一緒に買った「ブルーベリーマフィン」がおいしかったです!

大学生の頃、サンフランシスコに数ヶ月ステイしていた私は、当時味わったおいしいブルーベリーマフィンが忘れられず……。

似たものは、なかなか日本にはないな、とずっと思っていたところ、これは、という感じでした。お店の方によると「期間限定販売」だそう。ブルーベリーがみずみずしくジューシー、まさに私の記憶の中の、懐かしいアメリカンマフィンです。

ロックなオレオのマフィンと、ブルーベリーマフィンが、ロンドンとサンフランシスコに私の心を連れて行ってくれました。また2つ、お買い物しそうです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.