BY AYUMI ICHIKAWA

ミスタードーナツのチョコリングは、尊敬するともだち

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日は私の「昔からの、気のおけない友だち」のようなミスタードーナツのチョコリングについて。

チョコリングはきのおけないともだちみたい

この子は(という語りが自然なのでそのままいきますが)私と、そうですね、大学時代からのともだちみたいな存在です。そして、ミスタードーナツの人気者であり、ロングセラー。

会ったのは久しぶりでしたが、今日も変わらず。全国各地、いつでもどこでも同じ、媚びない、トレンドに流されない、私が変わっても変わらない佇まいと味で、そこにいてくれます。

 

会っても背伸びしなくていい

改めてレシートを見たら132円(税込)でした。(イートインで10%対象)

昔はもうちょっと安かった気がするし、上手に100円セールのときに買ったこともあります。それにしてもいつもリーズナブル。基本ミスタードーナツは、各店舗のでその日に作られたものが販売されるので、出来立てです。

 

今日は「ミスドカフェオレ」をオーダーしました。330円で何度もおかわりできる、心の開放感。

今日は462円(税込)で、チョコリング+カフェオレを2杯いただきました。ご馳走さまでした。

大学のときと前職時代にしょっちゅう一緒だった子

 

ラジオやインタビュー記事などで、何度か話していますが、私は学生時代、ミスタードーナツが好きすぎて、ドーナツ食べたさからアルバイトをしていたことがあります。当時、一番好きだったドーナツはチョコファッション、続いて、チョコリング。

大学生時代も、名古屋の放送局時代も、よく友だちや同僚と連れ立って、ミスタードーナツへ出かけたものです。一人で仕事もしました。

そんなわけで、昔から気のおけないともだちのようなチョコリングです。

年を重ねるにつれ、チョコリングにより惹かれるようになったのは、あっさりしたものが口にあうようになったからでしょうか。シンプルで、強い王道が、意外と貴重だからでしょうか。

「チョコリング」は、その名も見た目も、もちろん味も、変わることなく昔のまま。等身大で、目立とうと飾り立てず、煌びやかなスターではありませんが、いつも会いたい、いなくちゃいやな存在です。今もすごいなあと思う。いつも会うわけじゃないど、実は尊敬している、友だちのようです。

チョコリング

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*ミスタードーナツに、ドーナツ食べたさゆえにアルバイトしたお話は、次回また!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.