by Ayumi(市川歩美)

グーテドママンのチョコレートロールは市川歩美の大好物♡

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

今だからおうちでチョコ。

チョコレートジャーナリストの市川歩美が、今だからこそ楽しみたい、自宅で楽しめるチョコレートやチョコレートのケーキなどなどあらゆるおいしいオススメをご紹介しています。

しっかり書くのは初ですが、出会った頃からずっと私を癒してくれているロールケーキです。

グーテドママンのロールケーキ

グーテドママンといえばもう

「日本でプリンを語る上で欠かすことのできない存在」

となっていますが、15年近く通っている私からすると、プリンは大好物、そして他にもおいしいものが沢山あります。

やはりチョコのジャーナリストの私としては、このロールケーキを語らないわけにはいきません。

実は今日もいただいて、癒されました。ロールケーキ、という存在自体が癒しなうえに、グーテドママンの味が癒し。

店名が意味する「おかあさんの作るおやつ」のように、いつも私の心をほどいてくれます。

ココアのスポンジに、おいしい生クリームがたっぷり。

カットした洋梨のシロップ煮が少し、アクセントにはいっています。隠し味は自家製キャラメルソース。私はグーテドママンのキャラメルの味がだいすきです。

ラッピングも凝りすぎていないし、ロールケーキは、気合いをいれなくていい。

20年くらいかわらない、キッチンでの手作り。私にとってほっとするのはこういうお菓子。お菓子には、人間にとってこういう役割があるんだな、と思います。

高価なケーキをひとつ味わうのと、冷蔵庫にあるロールケーキを好きなときに、好きなだけカットしていただくのとでは、まったく気分がちがうのです。

 

<おうちでチョコ>
グーテドママンのお菓子は、オンラインショップから購入できます。

グーテドママンのオンラインショップはこちら

<アドバイス>
・洋梨のロール(1000円)とあわせて、「キャラメルカフェロールケーキ」(1000円)もよろしければどうぞ。
こちらも実は私の大好物。コーヒー風味のスポンジにキャラメルクリームとくるみ入り。2つ買ってもきっとすぐなくなります。

・「洋ナシのロール」1500円+「キャラメルカフェロールケーキ」1000円でも問題なし。冷凍なので、好きなだけカットして食べられます。

*「グーテドママン」は、1983年にパティシエールの三富恵子さんが、ガレージでオープンしたのが始まり。三田、麻布、白金界隈にお住まいの方々や、芸能人、著名人のお客さまも多く、37年にわたり、おいしいお菓子を作り続けています。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.