by Ayumi(市川歩美)

チョコレートとドリンク、パンのマリアージュとは?(ananチョコレート特集号は必見!)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

現在発売中のanan(No.2184)はチョコレート特集。「チョコレート読本。」で、市川歩美がペアリング、マリアージュにふさわしいチョコレートを提案。プロのみなさんがパン、ドリンクとのペアリングにチャレンジしてくださいました。なんてすばらしい内容!

ananチョコレート特集号の、チョコレートのペアリング企画がすばらしい!

 

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

チョコレートファンのみなさん、anan、買いましたか??(1月21日まで販売されています)
チョコレート特集ですから、お手元にある‪Chocolate Journal読者も多いはず。
すばらしい企画のお手伝いさせていただきました。

ananでチョコレートとドリンク、パンのマリアージュを提案!

「チョコレート読本。」
91ページから99ページ。

Lesson1は、私も信頼を寄せている、明治の藤原成一さんによる、テイスティングの基本。

Lesson2は、市川歩美(私)が、ドリンクやパンとのペアリングにおすすめのチョコレートをセレクトし、
そのチョコレートで、3名のプロのみなさんが、ペアリングを作ってくれたんです。

バーテンダーの保志綾さん、料理家・カフェディレクターの田中美奈子さん、作家・料理家の樋口直哉さん。
ありがとうございました。

私は、フルーティ、ナッティ、フローラル、スパイシー
といったテーマを設け、バランスよく、ボンボンショコラ、チョコレートバー、オランジェットやスナック的なものまで幅広く選んでいます。

カカオサンパカの「ピミエンタ ロサ」は冷酒に
ジャン-シャルル・ロシュ―の「ロハ」はほうじ茶ミルクティーに
テオブロマの「パラパラ」はジンジャーティに。

私もペアリングが好きですが、さすが、プロフェッショナルなみなさん。
ペアリングが素晴らしくて、センスがよくて、出来上がったペアリングに
うわ〜〜(泣)とか、感激していました。

チョコレートとパンのペアリングが新しい

ところで。
チョコレートとパンって、あうんです。

私は日々、ふつうに実践していまして、
以前のananの特集などでも「チョコレートをパンにサンドしていただく」スタイルを
ご提案していました。

それがこんなにソフィスティケートされて紙面に!

東京フードの「クーベルチュール オーレ」は食パンにのせてオリーブオイルを。
リンツの「エクセレンス チリペッパー」は??

 

ananニュースの記事もどうぞ!

レンジでたった20秒! チョコとパンの“簡単スイーツ”レシピ
え、白ワイン? 有名チョコとお酒の“いい関係”をプロに聞いてみた!
ゴディバの「クール」は温かいミルクと! 目からウロコのチョコペアリング

編集者さん、カメラマンさん、スタッフのみなさんのセンスが光るこのページ。
写真も美しく、高いセンスに癒されます。

ananの後半ですので、本を開いてみてください。
私は、いつでも買える、定番チョコレートだけを選びました。

実際に試してみれば、
いつものチョコレートが、あたらしい表情をみせてくれるはず。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.