by Ayumi(市川歩美)

ショコラコーディネーター市川歩美の仕事 – ショコラとメディアのマリアージュ

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

ショコラとのマリアージュ。これを考えるとき、私の中で、ドリンクだけではありません。私は実はつねに「ショコラとメディアをマリアージュ」させることを考えているんです。

今日は私の仕事のひとつ、コーディネートについて。

コーディネーターの仕事について

ショコラコーディネーター、という肩書きは、実はちょっと奥が深くて、いろいろなものとチョコレートをつなぎ、新しい可能性や形を生み出す仕事です。

ショコラと「なにか」をつなぐ、つまり、コーディネートです。私の得意分野で、私のミッションとリンクする重要な仕事。

中でも、特に私が得意なのは、メディアとショコラのコーディネートです。例えば、チョコレート情報をメディアとつないだり、チョコレートやカカオの情報をメディアに提供したり、私の分析や解説をいれることなど。

前職が放送局勤務でメディア歴が長い私は、これがとても得意ですし、やりがいがあります。チョコ好き歴も長いので、相乗効果です。チョコレートを広く、楽しく、メディアのフィルターを通して正しく伝えることは、私の大切な仕事です。

 

メディアとショコラのマリアージュ

 

ショコラのマリアージュ、といえば、ワインやドリンクを思い浮かべる方が多いことでしょう。確かにこれは、とても奥が深いもの。

でも、実はメディアとのマリアージュも負けず劣らず奥が深くてダイナミックです。

そこそこにつなごうと思えばできるのは、ワインとショコラのマリアージュとおなじ。でも質が高く、本当によいものをとなれば、プロの仕事になります。

……などと、めずらしいことをいっているのは、私くらいでしょうけれども、メディア出身なので、やっぱりこういう発想になります。

実は、一般のチョコマニア、チョコ愛好家さんとは、全く違う視点を持っていなければ、この仕事はできません。

ありがたいことに、長年メディアに身を置いて培ったことや、先輩からの教えが、役立っています。加えて、5歳からいままでチョコ好き、というちょっとおかしいくらいの愛好家経験がベースになっているという、なんとも稀有で深い相乗効果、私自身がマリアージュ??です笑

そんな大げさなもんじゃないかもしれませんが、確かに深くはあるので、いつか興味のある方だけにむけたセミナーなどでお話ししますね。

 

チョコの仲人としての仕事

 

毎年この時期はとてつもなく忙しくしていますが、そんな昨今、私はよく「仲人」になっているな、と感じています。

仲人。

またあなた何いってんですか、という感じかもしれませんが、私はチョコと何かをいつもベストマッチさせたい、それによって人を豊かにしたい、と常に考えているところがあります。

 

チョコたち、どの子にも個性がある

 

私がメディアでよくお話をするとおり、チョコレートは私の友だち。しかも、つきあいが長い、古ーい友だちです。

今はチョコと仕事までしていますし、やはり一般の方よりも多くのチョコたちを知っています。

もはや、この子の生まれた場所や、性格までわかり、中にはもう何十年もつきあっている子がいるほどです。

たとえば、美味しくて綺麗で洗練された子がたくさんいます。

モダンな子。アートな子。エッジのきいた子。遠い国からきた子。冬だけに会える子。そして、生まれ故郷の文化をそっとたたえた子。素朴だけど、毎日でもそばにいたい子もいます。

とっつきにくいけど、つきあいはじめるとびっくりするほどいい子。毎日そばにいるならこの子。海外にたくさんのファンがいる子。今年デビューした子……。

派手じゃないけど一緒にいるとほっとする子や、お父さんがとてもやさしかった子。

そんな、愛すべきチョコレートたちがいて、それぞれに歴史やストーリーがあります。

チョコたちがふさわしい場所へ行き、ふさわしい人に出会い、笑顔が生まれ幸せのサイクルが生まれてほしい。それが誰かを豊かにすれば、私は、何よりだと思っているのです。

メディアをふさわしいチョコレートが彩れば、メディアは輝き、メディアを通じてチョコレートに出会った人は、豊かになりますね。

チョコレートも、チョコレートに関わる人たちもみんな幸せになるサイクル。微力かもしれませんが、そんなお手伝いができたと感じるときが、私はいちばん幸せです。

 

ショコラと目があう感覚

 

ちょっと余談です。おかしな話かもしれませんけど、

私のように、365日チョコレートに関わり、長くチョコの仕事をしていると、時々チョコレートが私に話しかけてくる気がする時があります。

ちょっと、変??笑

えっとですね、こんな感じです。「あゆみちゃん、ここ、ここ」みたいなのが、かすかに伝わってきて、ふと目をやる感じですかね。共鳴するような感覚がきて目を向けると、あら、こんなところに(チョコが)いたの?というような、です。

なんか妙な話かもしれませんが、これは感覚ですからね、言葉にするとそんな表現が近いです。道端にゆれる、小さなたんぽぽやスミレの花を、ふとみつけることって、ありませんか?そんな感覚に近いでしょうか。

「ショコラ界の仲人」と実際に呼ばれてびっくり

 

今日も、たくさんの「ベストマリアージュ」作りに専念しています。

このマリアージュに、読者のみなさんがふれるのは、バレンタインシーズンでしょうか。それにしても、相当数のマリアージュを作っていますが、お仕事として手は抜きません。よいものができるよう、結構年末ぎりぎりくらいまでがんばっちゃいます!

先日ある関係者の方に「あゆみさんは、ショコラの敏腕仲人」といわれて、ものすごく嬉しかったです。「ショコラ界の仲人」として、これからも微力ではありますが、お役にたてるようにと思っています。

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.