by Ayumi

クリスマスのチョコレートケーキ2020!市川歩美がおすすめ(J-WAVE)

2019/12/31
この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

今日はJ-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」生放送でLiLicoさんと稲葉友さんに、クリスマスシーズンを彩る、最新のチョコレートスイーツを紹介しました。

J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」で市川歩美が紹介したクリスマスケーキは?

私がとりあげたのは、ふたつの「小さめサイズの」クリスマスケーキと、ひとつのクリスマスの定番菓子、シュトーレンです。

  • トラディショナルを継承しながらの、トレンドを反映した最新のサイズとスタイル
  • クリスマスにふさわしい夢のあるヴィジュアル、かつおいしい

そんないくつかのポイントを押さえた3点をセレクトして、生放送のスタジオにお持ちしました。

最新、という点では、実に最新なんです。ほんとに。
一般販売されていないものも、特別にご協力を得て、スタジオにご用意しました。

ザ・ペニンシュラ・東京のクリスマスケーキ、可愛い&美味しい!

ひとつめは

「ザ・ペニンシュラ・東京」で買える、ひとりで楽しめる大人の美味しいチョコレートケーキ。

かわいいんですよ〜、毎年大好きです。地下1Fにある「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」のケーキやチョコレート。今年の私のおすすめは「ジンジャーブレッドマンのプチアントルメ」そして「シナモン&ティームースチムニー」です。


▲スタジオで、放送前に撮影

実物は、写真の何倍もかわいい。そしてさすが、箱も、紙袋も、高級感があってホリデー気分が高まります。

ジンジャーブレッドマン。この伝統的なクリスマスモチーフをチョコレートにし、つやつやのチョコレートのグラサージュの中には、ヘーゼルナッツのチョコムース、マンダリンオレンジ、ヘーゼルナッツの香りも広がり、素敵なバランスです。チムニーの方も、クッキーをはずすと、美しい層が見えます。アールグレイティの香りがシナモンとともに香り、チョコレートの香りとマッチ。こちらはミルクティとあわせたい感じ。

ザ・ペニンシュラ・東京のペストリーシェフ、パスカル・シャルデラシェフとは、以前から何度もお話させていただいています。チョコレートへの造詣が深いこと、また今回も現れている、センシティブな香りと味のバランスが私はとても好きです。
現在予約受付中、12月20日〜25日まで受け取れます。

ナチュラルローソンのクリスマスケーキが、美味しすぎて、スタジオ騒然!

もうひとつですが、はい、もう、本当にすごい。

今年のナチュラルローソンのクリスマスケーキは、絶対買ったほうがいい!

私が監修していますから、価値があることを私が最も把握しています。

ナチュラルローソンの開発担当者さんも、かなりのチョコレートマニアでしてもう、話が進むのが早いし楽しいし、まあ細かいし(笑)結果、超レベルの高い議論や試作を重ねたうえで、完成しました。

でも、そんなこと以上にですね、

なんといってもほんとにおいしいの!!

稲葉友さんが、あっ、というまに半分たべてしまった(いや、ほんとにそれくらいおいしいから)クリスマスケーキが、こちら。1〜3人サイズです。

あららら、とフォークがすすんじゃう、そのしあわせを体験して。
そういうふうに、作っていますから。

ナチュラルローソンのクリスマスケーキ2020をゲットするための参考URL

すでに大好評だそうです。
急いでくださいね。予約は16日までに、何はともあれ、ナチュローを見つけて足をはこんで!

方法はこちら↓

ナチュラルローソンの店舗の場所を探すカンタンな方法は??

それから以下。

Oggi.jpと、ローソン研究所による記事です。

憧れの食べ方が叶う!?【ナチュラルローソン】クリスマスケーキが大人気な理由とは…♡

見た目はショート、中身はチョコ!?体験型クリスマスケーキ♪(ローソン研究所)

 

ローソン研究所、ナチュラルローソンブログのみさとちゃん。かわいい♡

さらに、くわしくは番組公式サイトの

こちら

をご覧くださいね。

ダンデライオン・チョコレートのシュトーレンはこちら

最後に、近年、日本でも人気が高まっているシュトーレン。
中でも私が気に入っているのが、ダンデライオン・チョコレートが、今年初めて販売している「シュトーレン」です。

サンフランシスコ拠点のブランドが、日本のショップで、日本の消費者の嗜好にあわせて、シュトーレンを販売する、ってすごく面白いですよね。

なぜならシュトーレンは、ドイツ発祥のトラディショナルなクリスマスのお菓子。

ドミニカ共和国産カカオを生地に練りこんで、クルミ、カカオニブ、リキュールに漬け込んだオレンジピール、レーズン、フィグなどが入っています。

恒例です。スタジオにて!
スタッフのみなさん、いつもご一緒していただく

LiLiCoさん、稲葉友さん、リスナーのみなさん、
今回も楽しかったです。
ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.