チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

セバスチャン・ゴダールが日本向けに公式オンラインストアをオープン(フランス国外初)

2023/02/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

Sébastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)が、フランス国外初の公式オンラインストアを、2023年2月1日、日本国内向けにオープンします。第一弾として、「ボンボンショコラ」のコフレが数量限定、会員限定で先行販売する予定です。

 

セバスチャン・ゴダールとは

 

「セバスチャン・ゴダール」は、フランス・パリで有名なパティスリー。

パリで活躍するパティシエ、セバスチャン・ゴダール氏が、自身の名前を冠したパティスリーでショコラにも定評があります。

セバスチャン・ゴダール氏

ゴダール氏は、ピエール・エルメ氏の後任として「フォション」のシェフ・パティシエを務め、のちにパリの老舗高級百貨店「ボン・マルシェ」にサロン・ド・テ「デリカバー」をプロデュース。パリで活躍するパティシエ・ショコラティエです。

 

パリ9区「マルティール通り」のブティック

 

独立して2011年にオープンしたブティックは、パリ9区の“美食通り”とも言われる「マルティール通り」にあります。

緑を基調にした落ち着いた外観、やさしい水色と白を基調にした店内。私(市川)も、もちろん何度か足を運んでいます。この通り沿いには、多くのおいしいもの店が並び、なんともあたたかみがある界隈、地元の方々が行き交う雰囲気が、とても好きでした。

マルティール通りの1号店

 

マルティールの1店舗目につづき、2014年には「サロン・ド・テ」を併設した2号店を、ルーヴル美術館に近いチュイルリー公園のそばにオープンしました。

店内には、伝統的なレシピに、セバスチャン・ゴダール自身の経験から得たモダンな要素を織り込んだフランス菓子が並んでいます。伝統を守りながらも、モダンなガトーやチョコレートに、多くのファンがついています。

 

日本のオンラインショップで販売されるショコラは?

 

フランス国外で初となる「セバスチャン・ゴダール」公式オンラインショップの舞台が日本、というのはショコラファンにとってうれしいニュース。

2月1日にオープンするオンラインショップでは、第一弾として、パリではおなじみの大きめのチョコレートボックスが登場します。

16個入(16種類)、32個入(18種類)、63個入(20種類)のアソートが揃います。

 

16 個⼊り、 7,200 円(税込)

32 個⼊り 14,200 円(税込)

63 個⼊り 28,000 円(税込)

 

いずれもパリ直輸入で、上品で高級感あふれるパッケージが魅力。日本によくあるチョコレートボックスのように、中に「仕切り」がなく、チョコレートがボックスのサイズにあわせて、きっちりと並んでいるのが特徴です。

 

チョコレートの内容は?

 

「きっちり仕切りなし」(これがパリらしくて、私は魅せられる)のチョコレートボックス。

ガナッシュやプラリネが詰まっていますが、注目したいのは、パート・ダマンド(マジパン)の数々。

「パート・ダマンド フォンダント」「パート・ダマンド・オ・シトロン」「パート・ダマンド・ア・ラ・ピスターシュ」「パート・ダマンド・ア・ロランジュ」など。

日本でマジパンのボンボンショコラは、あまり一般的でないのですが、5種のマジパンが今回それぞれのボックスに入りますので、ぜひ紅茶やワインなどとあわせて、自分らしい楽しみ方を見つけましょう。

パリから届けていただいたボックス *日本で販売されるものとは若干異なります(市川歩美撮影)

 

プラリネは、かりっとしたノワゼット、なめらかなノワゼット(2タイプのアーモンドも)、スパイスやコーヒーをあわせたものも。

ガナッシュは、ジャスミンが香るミルクガナッシュ、カシス、スパイス、トンカ豆、ペルー産カカオ、ブラジル産カカオといった産地別カカオのガナッシュなど。

いずれもカラフルに色付けされたり、奇をてらったデザインが施されているわけではありません。え??といような意外な素材が使われてもいません。これこそがパリで多くの人に愛されているボンボンショコラです、という存在感です。

 

オンラインショップは会員限定販売、2月1日、2日は特別な先行販売

 

オンラインショップについての注意事項があります。

数量限定販売で、混乱を招かないように、との配慮から、オンラインショップは、会員限定販売です。
また、2月1日と2日は、事前にライン友達登録か、メルマガ会員登録した方だけのための販売期間です

ファンの方は、事前に以下のサイトから登録のうえ、お買い物してください。

セバスチャン・ゴダールオンラインショップ

公式リリースより抜粋

 

日本のチョコレートファンのみなさん。ゴダールさんが日本を理解してくださっていて、うれしいですね。自分へのご褒美チョコにも、ギフトにもふさわしいパリから届くショコラです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*参考記事

moment DIGITAL
そのチョコ本命!? 2023年話題のチョコレートブランド3選 (テキスト・セレクト 市川歩美)
https://moment.lexus-fs.jp/general/lifestyle/20230125-03/

 

オンラインショップについて 後日追記

2月2日に追記:
会員先行販売の日にシステムエラーが起きたようで、戸惑われた方が何人かいたようです。チョコレートファンとして私も気持ちがわかり、ブランドに問い合わせました。すると現在はシステムは復旧したものの、再度問題がおきないようにと、原因を究明しているそうです。ご迷惑をかけたファンのみなさんに誠実を対応をしていく、とのご回答でした。3月以降も、追加販売があるそうです。また続報があればお知らせします。

2月6日に追記:
現在注文可能なのは、事前に会員登録をしている方のみ。注文が集中したことにより、システムエラーがおき、それによって購入できなかった方への対応が2月中は行われるそうです。今後一般の方が購入できるのは3月初旬を予定しているそうです。3月以降、改めてチョコレートは入荷するようですので、事前登録していない方は3月以降にサイトを訪問してみてください。

セバスチャン・ゴダールさんご自身が認めている日本でのオンライン通販は、2月にオープンした公式通販サイトのみで、それ以外の販売はすべて並行輸入とのこと。公式サイトから購入したい方はご注意ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2023 All Rights Reserved.