by Ayumi(市川歩美)

春にタマゴやウサギのチョコをたくさん見かける理由(J-WAVEに出演)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。ショコラコーディネーター、チョコレートジャーナリストの市川歩美です。

昨日はJ-WAVEの「ALL GOOD FRIDAY」、生放送のスタジオへ。

日本で年々盛り上がりを見せている、イースターのチョコレートのお話をしました。

市川歩美
ナヴィゲーターのLiLiCoさん、稲葉友さんと!

なぜ春に卵やうさぎのチョコが出回るのでしょう?

チョコレートファンの方には、もうご存知だと思います。

でも一般の方は

「最近なぜかひよことかたまごとか、ウサギのチョコをよく見かけるんだけど、なぜ??」

と思っているのではないでしょうか?または、言われて今気づいた方もいらっしゃるかもしれませんよね。

その理由は、今がまさにイースター(復活祭)のシーズンだからです。

くわしいことは、私が東洋経済オンラインで執筆した記事参照を参照してください。

「チョコ好きなら外せない「イースター」の正体」

この記事では、イースターの歴史や、イースターの起源、日本にどのように定着してきたかを解説しています。

番組で紹介した2019年イースターチョコレート

J-WAVEのスタジオ生放送では、イースターについて解説しつつ、人気チョコレートをご紹介しました。たとえばジャン=ポール・エヴァンのこちら。

slide3
ジャン=ポール・エヴァン「ニ ドゥ パック」

リアルな卵にしか見えませんが、チョコレートです。

イースターのチョコは総じてきれいでかわいいので、もったいなくて食べられないのが悩みですが、スタジオでは豪快にLiLiCoさんが、この卵ちゃんを、拳でがつんと叩き割ってくださいました。

くーーっ、、、ときめいたーー、、リスナーのみなさん、萌えましたね(笑)

ちなみに、日本人は私のように壊しづらい、しばらくみていたい、という人が多いイースターのチョコ、ですが、海外の方に話を聞くと「え、ふつうに割って食べるよ?」みたいなリアクションがくることが多いです。

他、スタジオでLiLiCoさん、稲葉さんと味わったのは

こんなチョコレートたちです!

森永「ぱっくんちょ」、「チョコボール」のイースターバージョン、ジャン=ポール・エヴァンのイースター限定ショコラ、リンツのエッグハントを楽しむセット。

https://www.instagram.com/p/Bv3W2tTB_AW/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading

今年のイースターは4月21日です。キリスト教の春の重要な祭日「イースター」は「復活祭」とも呼ばれ、日本ならではの春の楽しいチョコレートのシーズンになりつつあります。

たまごやウサギ、ひよこのチョコレートが日本にあふれる、イースターシーズン。今年もぜひ楽しんでください。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.