by Ayumi Ichikawa

デルレイ本店(アントワープ)へ行ってきました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

デルレイ(DelRey)といえば、ベルギー、アントワープの有名パティスリー・ショコラトリーです。アントワープ本店を訪ねたときのことをAll Aboutで書いた記事の補足として、まとめます。

デルレイ本店(アントワープ)とは?

 

今年創業70周年を迎える「DelRey(デルレイ)」。アントワープへ出かけたことがあるスイーツ・チョコレートファンなら、きっと足を運んでいるでしょう。

DelReyはベルナール・プルートシェフのご一家が大切に守り続けるブランドで、チョコレート、ペストリーのお店です。

私は、10月末に単身アントワープへ赴いて、本店を取材しました。オールアアバウトで記事を書いたので、すでにお読みくださった方が多いと思います。↓

デルレイ本店(アントワープ)へ行ってきました!

(All About)

ここでは、All Aboutの記事に入れなかった写真を、いくつかご紹介します。

ベルナール・プルートシェフのファミリーと

いかがでしょう、楽しげな感じが、伝わりますか?
プルートさんのファミリーです。みなさん、仲が良くて、ユーモアがあって笑顔があふれています(私はとても感覚があいました)

特に、すぐに大好きになってしまったのが、マダムのアンナさん。

チャーミングで、明るくて、楽しいことがお好き。お隣に座ってランチをいただきましたが、お話してると、心弾んでくるような方です。(写真はふたりでショッピング、をイメージ笑)

サロンでは、常にお客さまに目を配り、ひとりひとりにやさしくご挨拶されていました。笑顔が可愛らしくて、上品な方。DelReyの宝物だと思います。

日本にはないカカオ特化のラインナップ

日本のラインナップとは別に、世界の産地別カカオの風味に特化したボンボンショコラのセットがあります。カカオポッドを思わせるデザインとカラー。

次世代のヤンシェフは、カカオからチョコレートを作る「ビーントゥバー」に興味を持っています。今後は、カカオの個性を引き出したチョコレートが、本店にもっと並ぶかもしれません。

現地インタビューでは、ヤンシェフがカカオに興味を持っていることが、しっかり伝わってきました。

デルレイは、ベルギーの老舗も伝統を守りながら、新しい流れを取り入れています。

デルレイ 本店、ケーキがとにかくおいしい!

ケーキがショーケースにたくさん並んでいます。チョコレートケーキももちろん多数。

どれも驚くほどおいしいです。日本では味わえないので、現地へ行く方は、ぜひケーキをいろいろ体験してください。

All Aboutの記事にも書きましたが、サロンの雰囲気は特別です。ラグジュアリーブランドの高級感ではなく、集まっている方々が違うのです。デルレイ本店には、ダイヤモンド商に携わる方々が世界から集まるため、常連客はビジネスや経済に関わる方、そのご家族も多く、日本では決して体験できない雰囲気、といえるかもしれません。

 

ベルナールシェフと東京で再開

 

アントワープで10月末に「日本でまた会いましょう」とお別れし、バレンタインシーズンの2月。東京でお二人と再会しました。

うれしい再会!銀座三越にて。

2004年、銀座にお店がオープンした当初から、私はデルレイをよく知っていました。でも、アントワープ取材後は、デルレイが、驚くほど近く感じられるようになりました。

プルートファミリーに会いに、美味しいランチメニューやガトーをいただきに。また、アントワープへ出かけたいです。

text

チョコレートジャーナリスト  市川歩美

<おうちでチョコ>

デルレイのチョコレートは日本のオンラインショップで購入、ご自宅で楽しめます。
オンラインショップはこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.