チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

2022年バレンタイン「オンラインで買える一目置かれるチョコレート」J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」でご紹介

2022/08/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

2月4日(金)の午後、J-WAVE 「ALL GOOD FRIDAY」 にリモート出演、2022年のオンラインで購入もできるバレンタインチョコレートをご紹介しました。

ナヴィゲーターは、いつも元気な、LiLiCoさんと稲葉友さん。今はリモートなのですが、まるでとなりに、お二人がいらっしゃるような気分でお話させていただきました。

番組公式ツイッターより

 

今日お話した内容は、番組公式サイトのTOKYO SAVVYページ にも、掲載されています。
写真とともに、以下にもまとめますね。

ルイス・シェリー「チョコレート缶」

ルイス・シェリーは、1988年に創業した、NYの伝説のレストランのチョコレート。高級感のある素敵なパッケージが魅力です。ブリキの宝石箱のよう。

レストランがクローズしても、チョコのレシピは時をこえて継承され、今も作られて、販売されているのです。当時の上流階級の人、セレブリティの社交場だったNYのレストラン。サリンジャーの「ライ麦畑につかまえて」の中にも、ルイス・シェリーが登場します。

さまざまな美しいパッケージの中から、お気に入りを選んでください。

オンラインサイト

シルスマリア「大人なバナナ生チョコレート」

バナナが好きな方には、絶対のおすすめ。生チョコレートを初めて日本で作ったお店、シルスマリアが作っています。高島屋アムール・デュ・ショコラ限定。

食品ロス、ならぬ、バナナロスをなくすためのプロジェクトに関わったこのチョコ。茶色い斑点がつくと売りづらくなるバナナを使った生チョコで、「大人なバナナプロジェクト」とコラボレーション。

南米エクアドルで、日本人が手がける「田辺農園」のバナナが使われ、うまみも、コクもすばらしいです。「高島屋のバレンタインイベント、アムール・デュ・ショコラ限定」となっています。

オンラインサイト
オンラインが品切れでも会場で販売されていることがあります。
高島屋のアムール・デュ・ショコラまで。

メルカリShop限定!注目のクラフトチョコレート

チョコレートの世界のあたらしいムーブメント、話題の「クラフトチョコレート」が、メルカリShopで買えます。14日までの限定。

カカオ豆からチョコレートを小規模生産する、日本全国のクラフトチョコレートブランド。社会貢献や、地域を盛り上げる活動をする、コンセプトも注目される人気の5ブランドの出品が話題です。

詳しくは以下をご覧ください。

人気クラフトチョコレートがメルカリShops初登場!ーいらないものをチョコに交換するサステナブル

番組では、静岡の「コンチェ」をご紹介。静岡産の桜海老をトッピングした使ったチョコは、意外な美味しさに発見があるはず。私は、みかんのチョコレートもとても好きです。

リンクは「メルカリShops限定 4袋アソート」
https://merc.li/7EEWeReVa

メルカリアプリを開いて、上の方の「ショップ」をクリックすると、注目の商品としてクラフトチョコレートが出てきますので、ぜひチェックを。あるいは以下からもどうぞ。

「ウシオボックス」
https://merc.li/aFcE2fVta

「沖縄チョコレート4種ギフトセット (カラキ・シークヮーサー・月桃・泡盛まるた)」
https://merc.li/EkcUvbyCa

「Salt Nibs Chocolate」
https://merc.li/7fjX3ms7a

「ダークミルク」
https://merc.li/Y4NmyWy5a

プロセスやコンセプト、ストーリーに魅力があるチョコレートは、お贈りしても、自分での楽しんでも、心が満たされるような気がします。

text & photo
チョコレートジャーナリスト 市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.