BY AYUMI ICHIKAWA

京都悠洛ホテル Mギャラリーとチョコレートバンク(CHOCOLATE BANK)」のコラボ バレンタインアフタヌーンティー

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース・レポート】text Ayumi

京都悠洛ホテル Mギャラリーで、1月17日から2月14日まで、バレンタインアフタヌーンティーが、提供されています。

内容が面白いです。京都のホテルと、鎌倉のチョコレート店とコラボレーションです。鎌倉の「チョコレートバンク(CHOCOLATE BANK)」と、京都のスタイリッシュなホテルの出会い。先日、味わってきましたので、レポートします。

チョコレートバンクのチョコレートを使ったアフタヌーンティ

京都悠洛ホテル Mギャラリーのバレンタインアフタヌーンティー、チョコレートバンクとのコラボスイーツ|写真1

 

アフタヌーンティーが楽しめるのは、京都悠洛ホテル Mギャラリーの1F にあるラウンジです。名前は「Lounge & Bar 1867」。

スイーツが2段、セイボリーが1段。スイーツは、ペストリーシェフのジェニー・チュウさんが担当。「恋」をイメージしているそうです。セイボリーは、総料理長の⻄村美樹さんが担当しています。

落ち着いた空間でアフタヌーンティ

1Fのラウンジは落ち着いた空間。アフタヌーンティはこんな風に登場。

 

スイーツは6種類

 

チョコレートバンクで使われているチョコレートやカカオを使ったスイーツは6種類。ジェニーさんのセンスが光っていました。

上の段は、左からトリュフ、フォレノアール ヴェリーヌ、ラズベリーダークチョコレートタルト。

ジェニーさん手描きの、ゴールドのハートがキラリ。

特にトリュフが特に気に入りました。中はふわふわのホワイトチョコレートのガナッシュ。ジェニーさん曰く、少しグランマニエを加えているそう。まわりは、カカオパウダーです。

2段目は、左から、チョコレートバンクの生ガトーショコラ、ヘーゼルナッツ ミルクチョコレートロシェ、ストロベリーピスタチオタルト。

真っ赤なハートのデザインは、ラズベリーパウダーで。

ヘーゼルナッツミルクチョコレートロシェは、食感とビターチョコレートを楽しむ一品。トップはカカオ70%のビターガナッシュ、なめらかなムースはカカオ60%のビターチョコレートを使い、土台はチョコレートサブレです。コーティングチョコレートがぱりっ、ヘーゼルナッツがカリッ。

 

ホテルの料理長が手がけるセイヴォリー

京都悠洛ホテル Mギャラリーのバレンタインアフタヌーンティー、チョコレートバンクとのコラボスイーツ|写真2

 

セイヴォリーには、さりげなくカカオが使われています。

6種のうち、私が特に気に入ったのは「チキンレバームース 江⼾柿コンポート カカオニブ 茸サブレ」です。カカオニブを添えたチキンレバームースと、マッシュルームパウダーを使ったというクッキーが美味!

他にも、帆立と菜の花 金柑ジャム カカオヴィネガージュレ、鴨胸肉の低温調理 ビーツ タコスチップ モレソース、京都らしい鯛のカルパッチョ カカオヴィネガー風味 九条葱 柚子など。カカオニブやカカオヴィネガーをアクセントにしたセイヴォリー、手が込んでいます。

 

ドリンクは1時間半フリーフロー

アフタヌーンティは2時間制で、そのうち1時間半は、ドリンクをおかわりできてうれしいです。

私はチョコレートバンクとのコラボレーションドリンク「カカオとパインとりんごのハイボール」をオーダー(上の写真)。爽やかなので、アフタヌーンティの前半におすすめ。

やっぱりティーを欠かしたくない私は、個人的に好きなロンネフェルトの「アイリッシュウィスキークリーム」、「アーユルヴェーダ ハーブ&ジンジャー」をオーダーして大満足。2種ともおすすめです。

 

インフォメーション

上はメニューの写真です。

お出かけを検討している方、参考にしてくださいね。

<INFO>
場所:京都悠洛ホテル Mギャラリー 1F 「Lounge & Bar 1867」
期間:2022年1月17日〜2月14日
時間:12:00~14:00 15:00~17:00 (2時間制・前日18時までに要予約)
価格:6,000円
予約と問い合わせ TEL:075-366-5800(ホテル代表)

<アクセス>
ホテルはとても便利な場所にあります。京都駅から烏丸線で烏丸御池駅へ、東西線に乗り換えて三条京阪駅の2番出口を出たら、すぐ東側。東山まですぐで、ショコラトリーヒサシへも歩けます!

【The Chocolate Journal チョコレートレポート・ニュース】
text チョコレートジャーナリスト  市川歩美
(感染予防対策を万全にしたうえで取材を行なっています)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.