BY AYUMI ICHIKAWA

ヨックモックのショコラシガールが人気 パッケージを一新!

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】
text Chie Araki

サクサク、ほろほろ。ラングドシャに、たっぷりチョコレートがかかった「ショコラ シガール」が、今年もヨックモックから期間限定で登場しました。

2022年1月8日より、全国の百貨店などで販売されています。

2004年からのロングセラーがパッケージを一新

 

シガールが生まれたのは1969年。半世紀以上に渡って親しまれている伝統のお菓子ですが「ショコラ シガール」が登場したのは2004年から。バレンタインの時期だけに楽しめる商品です。

今年2022年には、なんとパッケージが一新。箱は、当初の花柄から、シガールが連なった形を模したようなシックなデザインに。中のパッケージも一目で味の違いがわかる、それぞれ明るい茶色と濃い茶色のグラデーションに変わりました。

 

1箱で2つの味が楽しめる

 

味はミルクとセミスイートの2種類。プレーンなラングドシャに、ベルギーのチョコレートブランド、カレボーのクーベルチュールチョコレートをまとわせています。

実際に食べてみると、チョコレートが非常になめらか。厚めにコーティングされているので2種のチョコの味の差がはっきりとわかります。

ミルクの方は、チョコレートが軽い口どけ。バターのリッチな風味もあって、後味にも甘みがやんわり残ります。

セミスイートの方は、セミなので程よく甘いですが、ミルクより落ち着いたチョコレートのしっかりした味わいが特徴。チョコレートのコクも感じられます。

 

シガールとショコラシガールの違い

 

通常のシガールは、甘みを引き出すために有塩と無塩バターの両方を使いますが、「ショコラ シガール」は無塩バターのみ。チョコレートの味を最大限引き出すためにあえて有塩を使っていません。

また、通常のシガールと違うポイントがもう一つ。クルッとした巻きが若干太めなことです。チョコレートも合わさり、食べ応えも抜群。焼菓子なので、比較的日持ちもしやすく、軽くて持ち運びしやすいシガール。個包装されているため、ちょっとしたおもたせにも、自分の日々のお菓子用としてもおすすめです。

せっかくの寒い季節なので、温かい飲み物、たとえばホットミルクなどと合わせるのが私(荒木)流の好きな食べ方です。

 

店舗でも通販でも購入可能

 

「ショコラ シガール」は、通販でも店舗でも購入可能ですが、短いぷっくりしたタイプの、プティシリーズのミルク2本・セミスイート2本の計4本入りは店舗のみでの販売です。他にはプティシリーズ7本入り、通常サイズ6本入りと、10本入りがあります。

世代を越えて愛されるシガールと、チョコレートの絶妙なコンビネーションをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

<INFO>
「ヨックモック ショコラ シガール」

発売予定期間 2022年1月〜3月14日(月)まで 売り切れ次第終了

販売地域 青山本店、全国の百貨店、駅、空港などの店舗、海外(香港)、オンラインショップ

価格 4本入り648円(税込)〜

【The Chocolate Journal チョコレートニュース&レポート】text:荒木千衣

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.