by Ayumi(市川歩美)

ブノワ・ニアンを買うべき5つの理由(タイムアウト東京で書きました)

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

現在、新宿伊勢丹でポップアップショップを展開している、ベルギーのチョコレート専門店「ブノワ・ニアン」。ファンがきっと駆けつけているはず。日本初登場の焼き菓子やガトーショコラなどが登場しています。

ブノワ・ニアンとは?

 

ブノワ・ニアンといえば、ベルギーを拠点にする、カカオからチョコレート作りを手がけるブランド。詳細は、以下を記事を参照してください。

ブノワ・ニアンについて(ベルギーのショコラティエ)

 

そんなブノワ・ニアンが、なんと、今年は日本で、焼き菓子や、ドラジェなどが多数展開しています。しかも今、新宿伊勢丹でポップアップショップがオープン中。ぜひ、チェックしましょう。

 

今、「ブノワ・ニアン」を買うべき5の理由(Time Out Tokyo)

 

詳細は、がっつり、しっかり、記事に書きましたので、以下の写真をクリックして、よんでください。

画像をクリックして記事へ(text 市川歩美)

 

記事内でもふれましたが、ブノワ・ニアンは、カカオの個性を最大限に引き出す本格派。

またこのほど、フランス発祥のレストランガイドGault & Millau(ゴ・エ・ミヨ)が発行するベルギー・ルクセンブルグ版の別冊『Guide Chocolatiers 2021』において、ワロン地方唯一の「ショコラティエオブザイヤー」に選ばれています。

審査は、ブラインドで、厳正に行われるものだそう。素晴らしいことです。

 

ブノワ・ニアンのフィナンシェ3種

 

ポップアップショップでも、オンラインでも購入できるフィナンシェです。しっとりしていて、カカオの個性がしっかり感じられる、ビーントゥバー好き・チョコ好きのためのフィナンシェといえるでしょう。

「MAYAN RED(マヤン レッド)」 「RIO DULCE(リオ ドルセ)」「LAJEDO DO OURO(ラジェド ド オウロ)」

ブノワ・ニアンを代表する、3種のチョコレートを使用したフィナンシェです。

シングルオリジンカカオの風味の個性を比較できる……のですが、おいしくて私はぱくぱくっ、といっちゃいました。タブレットとは違うなんというか、よろこび、楽しさがあります。

フィナンシェに使用しているのは、北海道産発酵バター。カカオの風味を生かすために、低温、短時間で仕上げているそうです。

ぱくぱくっといったとしても、やはりベースはカカオの個性を生かしたチョコレート。カカオが持ちあわせるあの個性、苦味や風味の余韻が残るのです。

オンラインショップはこちらから

ガトーショコラも3種(くわしくは後日!)

 

ポップアップショップ展開は、伊勢丹新宿は12月1日まで、西武池袋は12月9日〜15日です。遠方のファンも安心してください。オンラインショップが、前代未聞、といってよいほど充実しているので、ぜひこの機会に。

チョコレート愛好家にとって、バレンタイン前に時間差でブノワ・ニアンの新作を堪能しておくのは、賢いことかもしれません。クリスマス前のちょうど少し、落ち着いている時期ですね。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.