by Ayumi(市川歩美)

グーテドママンの「アマンドショコラ」が大好き

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

東京・三田にある「グーテドママン」のアマンドショコラ(アーモンドチョコレート)が、私は昔から大好き。港区にお住まいの、著名人のみなさんにもとても人気が高いのです。

グーテドママンの期間限定「アマンドショコラ 」

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

バレンタインデーが終わりましたが、1ヵ月後にはホワイトデー。

バレンタインシーズンにはものすごい数のチョコレートが日本上陸したり新作が発表されたり。私も大変な忙しさですが、2月下旬になるとちょっと一息。

ふう、と一息つきながら、
私はホワイトデーまで作られているおいしいこのチョコレートをいただいたりしてます。

グーテドママンの「アマンドショコラ」は、バレンタインシーズンからホワイトデーまで、大切に作られる手作りチョコレート。

アマンドショコラ、つまりアーモンドチョコレートはもちろん海外にもたくさんありますし、
あらゆるブランドが作っていますが、
私が一番ほっとするなぁと感じて、長年、おいしくいただいているのがこれです。

アマンドショコラは、丁寧な手作りなので、期間・数量限定です。

ソールドアウト、とありますけど
これは(近隣の方やファンはよく知ってますが)よくあることなんです。
人気があっていくつもお手土産に買う方がいるし、丁寧な手作りだから。
ひとつひとつ、愛情込めた手作りの美味しさは、
そんなに大量に作れるものではありません。

作り方を伺うと
大粒のアーモンドだけを仕入れて、丁寧にキャラメリゼ。
チョコレートを一層ずつ、手作業でまとわせていくという、
やさしさ溢れる、手の込んだもの。

おいしいものを知ってる方が、おいしいものを作っている。
これは、伝わってくるものです。
静かに向き合い、長くかかわっていれば、伝わってくるんですよね。

グーテドママンのアマンドショコラ「バージョンA」は、チョコレート好き、マスト

ところで。
人気の「アマンドショコラ」。
「バージョンA」というのが、よーく見ると並んでいることがあります。
手間が何倍もかかるため、数量限定で、すぐになくなってしまうんですが。

これには実は、ストーリーがあります。
もう10年くらい前のこと。

グーテドママンが大好きで、アマンドショコラが好きだった私が
オーナーシェフの三富恵子さんに
「私はチョコ好きだから、チョコレートをもっとまとったアマンドショコラがあったらいいな」
とつぶやきました。
それをなんと形にしてくださったのが、この「バージョンA」。

通常のチョコレートとくらべて
多分ですけど、約2倍くらいはチョコレートをまとっています。

アーモンドも大粒なので
すっごくぷっくり。
チョコレートを厚着して、ぷっくりと繭(まゆ)みたいにふくらんだ
大きなアマンドショコラです。

私はこのチョコレートを作っていただいて大喜びしたんですが(ほんとうにおいしい)
その噂をきいたチョコ好き&チョコ通のみなさんからの
「私もたべたい」という要望が集まってきて
実は、数年前から商品化されています。

バージョンAのAはAyumi、のA笑

私は、こんなにチョコレートをまとってぷっくり、ふくらんだ手作りアマンドショコラに
これまでに出会ったことがありません。
チョコ好きな方なら、きっと私と同じように、しあわせになれると思います。

アーモンドとチョコレートのバランスが
通常バージョン、バージョンA、どちらもよく
日本で生まれ育った方なら、きっと誰もが「おいしいね」と、笑顔になって癒される味。

チョコレートがお好きで
バレンタインで海外のチョコレートをたくさんたべて、ちょっとほっとしたいかな、
なんて思っているみなさん。
どちらかをぜひどうぞ。

もし売り切れていなくて、バージョンAを見つけたら
ラッキーなので、試してみてください。
キッチンで丁寧に作られる、愛情をこめたアマンドショコラ。
「おいしいってこういうことだったかな」
なんて、きっと心に届くと思います。

グーテドママン
(1983年、三富恵子さんがガレージからはじめたお菓子やさんです)

▲トリュフもふんわりとやさしいおいしさ

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.