チョコレートジャーナル BY AYUMI ICHIKAWA

パスカル・ル・ガック東京から「パスカルサンデー」が登場

2022/07/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

7月1日からパスカル・ル・ガック東京で、新メニュー「パスカルサンデー」が登場しました。

パスカルサンデー 880円(税込)

 

パスカルサンデーはエスプレッソを注ぐスイーツ

 

パスカルサンデーは、アイスクリームに、エスプレッソを注ぐアフォガード。手軽に楽しめる、冷たいスイーツです。

アイスクリームはバニラとショコラを選べますが、私はショコラをオーダーしました。

金箔とチュイールがきれい

 

グラスの中には、パフェに使われているチョコレートのアイスクリームが1スクープ。さらに、飾りになっている丸いアマゾンカカオを使ったチュイールもパフェに使用されているものです。

ピッチャーに入ったあたたかいエスプレッソをアイスクリームに注ぐと、ビターなエスプレッソが、冷たいアイスクリームと溶け合います。

エスプレッソのビターさと、チョコレートアイスのスイートが調和して、美味しいチョコレートとエスプレッソを同時に味わったような気分に。

 

あゆみ流おすすめの味わい方

 

美味しくいただいて、にっこり満足していたのですが、ピッチャーの中に、エスプレッソが結構残ってしまったのが気になりました。

これはなんとかしたい……。だって、とても風味がよいエスプレッソだもん、ということで、私は、残りをぜんぶグラスの中に注いでみました。そしてミックスしてみました。

その写真が以下です。

エスプレッソチョコレートスムージーみたいになりました

 

それを見ていたお店のスタッフの方が「グラスから、直接お飲みいただいてよいですよ」とのことでしたので、クープグラスさながらに味わうと、ううううむ、読みどおり美味しい……。

チョコレートアイスクリームが溶けきっていないところと、エスプレッソを同時に味わうと温度差と食感があり、時々入っているカカオニブが、さらに風味を複雑にしてくれるのもよいです。

多くの方は、エスプレッソを残しそうなので、書いておきます。ぜひあゆみ風の?味わい方で、おいしいエスプレッソを、ぜんぶ味わってください。

毎週月曜日に12〜13時まで試飲を提供

 

7月4日に伺ったところ、運良く、チョコレートドリンクの試飲ができました。毎週月曜日の12〜13時まで、エントランスで小さなカップにいれて、提供されています。

パスカル・ル・ガック東京のテイクアウト限定のチョコレートドリンク「トレジューショコラ」です。赤坂・溜池山王界隈のオフィス街のみなさんに、人気だそうです。

味わってない方は月曜の12時〜13時のあいだに、出かけてみてください。

さらに、この日は新しい「トレジューショコラ」が登場していたので、こちらもオーダー。

トレジューショコラジュレイン 756円(税込)

 

アマゾンカカオのジュレ入りのアイスチョコレートドリンクですが、これもとても美味しかったので、おすすめしますね。

こんなに太い、タピオカドリンクのようなストローがささっているのは、自家製のカカオ風味のジュレが入っているから。

ぷるぷるのジュレが、ストローをとおして、口の中に入ってきて、飲みごたえというか、食べ応えにもなって大満足。

シンプルにチョコレートをドリンクとして味わうだけでなく、アマゾンカカオならではの、カカオ感があるのがポイント。

ジュレは、ぷるんと固めに仕上げられ、フルーティでほのかな酸味があり、口の中にとどめてジュレを溶かすと、やさしい甘さが広がります。

ジュレならではのひんやり感とみずみずしさが加わり、暑い日にふさわしい、チョコレートドリンクでした。

パスカルサンデーも、トレジューショコラジュレインも、両方夏らしい私のおすすめです。

パスカル・ル・ガック東京

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2022 All Rights Reserved.