by Ayumi Ichikawa

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー日本代表が決定(次回本選は2023年)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】

チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日2021年11月22日、世界的に有名な洋菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の日本予選結果が発表され、2023年、リヨン(フランス)で開かれる本選に出場する、3名の選手が決定、発表されました。

2021年大会で準優勝した選手(後列)と2023年大会に挑む選手(前列)

 

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー日本代表(2023年本選にむけて)は?

発表を待つ選手たち

 

2021年11月22日に開催された、日本国内予選表彰式の会場で、次回のクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー代表選手が発表されました。

審査員による厳正な審査の結果、

A部門 (アントルメ・ショコラ、アメ細工のピエスモンテ)
鈴鹿成年さん
株式会社シュゼット・ホールディングス

B部門(レストラン・デザート、チョコレート細工のピエスモンテ)
高橋萌さん
インターコンチネンタル東京ベイ

C部門(アントルメグラッセ アメ細工あるいはチョコレート細工のピエスモンテ*複合可)
柴田勇作さん
KITO DESIGN HOLDINGS株式会社

の3名が日本代表となりました。

日本代表となり挨拶をする3選手

それぞれの部門の2位と3位は

A部門
2位は、畑田洋志さん(中沢乳業)、3位は的場勇志さん(株式会社美十)
B部門
2位は、旗雅典さん(株式会社アクアイグニス)、3位は横畠正一さん(株式会社クラブハリエ)
C部門
2位は宮崎龍さん(エタルダンジュNAGOYA)、3位該当者なし

と、発表され、選手たちは、表彰状を受け取りました。

次回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーは2023年を予定

歴代代表選手として世界に挑んだ審査員のみなさんと、次回大会に挑む代表選手

 

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー、次回の大会は2023年と予定されています。

日本代表チームを率いた団長、五十嵐宏さんによると、本選前に、今年はアジア大会の予選に出場する必要があり、その開催時期はまだ決まっていません。

日本は、5回連続準優勝、次回こそは!

 

日本チームのレベルは高く、常に優勝候補です。今年9月に行われた大会では、日本は準優勝。前々回も準優勝と、素晴らしい成績を残しています。

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2021で、日本チームが準優勝

今日、会場で日本代表となった3名の選手は、次回大会優勝を目指し、駒居崇宏団長のもと、大会本番まで練習を重ねます。

text & photo
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

*関連記事

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーとは(フランス・リヨン取材)

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.