by Ayumi(市川歩美)

カヌレとショコラムースのペアリングを「THE STAND」が新提案

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】

カヌレはフランス・ボルドー地方の郷土菓子。「カヌレ」は昨年の8月と比べて2倍(参照:Googleトレンド)検索され、Instagramの「#カヌレ」の投稿は、昨年4月と比較して20万件増加しています。

今、話題のスイーツ、カヌレの新しい食べ方を、銀座の有楽町駅高架下にあるカフェ&バー「THE STAND」が提案しています。それは、カヌレと他のスイーツとのペアリングです。

コロナ禍で登場したテイクアウトのカヌレが人気商品に

 

JR線の高架下に飲食店が立ち並ぶ銀座コリドー街に、カヌレを販売するブースが登場したのは、今年の初夏でした。

コロナ禍でイートインの客足が減る中、「THE STAND」のテイクアウト商品として登場したカヌレ。その甘い香りが漂うそのブースは、またたくまに近隣のビジネスパーソンの心をつかみ、夕方には売り切れる日が出る人気商品になりました。

GINZA Corridor Cannelé(ギンザ コリドー カヌレ) 1個280円、3個800円、6個1500円(税込)

 

このカヌレは、系列店のフレンチバル「VAPEUR」が監修したレシピによるもので、マダガスカル産のバニラビーンズを使用。コク味を出すミルクと卵はそれぞれ高知産「さかわの地乳」と、栃木県産山麓卵を使用しています。

 

カヌレの人気を受けてカヌレを引きたてるペアリングメニューが登場

カヌレとショコラムース & カカオニブ ¥980 (ドリンク付)

 

テイクアウトのカヌレの人気を受け、「THE STAND」で、ペアリングメニューが登場しました。

「ショコラムース&カカオニブ」には、コロンビア産のチョコレートが使われています。ワインのようなフルーティーな香りをもつチョコレートなので、カヌレとあわせて食べることで、味わいに奥行きが出し、トッピングのカカオニブが持つビターな風味も、甘さをキリっと引き締めるといいます。

他にも、フレッシュチーズケーキとカヌレのセット、ココナッツムースとカヌレのセット、ゲランド塩アイスクリームとカヌレをあわせたセットがあります。

カヌレと何をあわせて食べるかの提案があることで、カヌレをテイクアウトして自宅で味わうときも、今度はどんな食べ方をしようかと発想が膨らみます。

【The Chocolate Journal チョコレートニュース】text Hiroko Ono

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2021 All Rights Reserved.