by Ayumi(市川歩美)

「ノリコ-ショコラ」が派手じゃないのにひびく理由

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日は私が毎月ここのところ楽しみにしている、山崎則子さんによるチョコレートについて。

ノリコ-ショコラの新しいチョコレートの届け方

「ノリコ-ショコラ」が、ブランド名。ショコラティエールの山崎則子さんが、全てのチョコレートを手作り。毎月、注文のあった分だけチョコレートを作って、配送するスタイルです。店舗はありません。

「ボンボンショコラは、お店のショーケースにいつも同じものが並んでいてそれを買いに行く」のが普通、という感覚の方が多いと思いますが

  • 毎月注文があった分だけ作る
  • あらかじめ必要、と表明した人に向けて届ける
  • 毎月違うチョコレートが届く
  • すべてはショコラティエール本人の丁寧な手作り

ノリコ-ショコラは、こういうスタイルです。

ぜんぜん派手さもなく、キメキメ感もなく、むしろトーンとしては静かですが、私には新鮮です。山崎さん自身によるハンドメイドの新しい表現に直接触れるのが、チョコ愛好家の私の静かな楽しみです、というような感覚。

ノリコ-ショコラのメイン商品は5個入りのチョコレートボックス「新月ショコラ」。

毎月、テーマに基づき、異なる5つのチョコレートが作られ、新月の頃に配送されます。新しいことを始めるのに良いとされる新月の日を、気分よく迎えてほしいという意味があります。

チョコレートの美しいデザイン、素材選び、仕込み、組み合わせもご本人によるもの。パンフレットのメッセージを書くのも山崎さん。

すべてからご本人の感性が感じられる、ということです。これは今や、当たり前の事ではありません。

おとりよせネットに市川歩美が書いた記事はこちら

詳しくは
市川歩美が「おとりよせネット」の連載で書いたこの記事へ。

アートのように繊細な手作りショコラを新月に!

ノリコ-ショコラは、私個人の味の好みや、センスにあっているという前提があります。毎月のショコラの進化や変化を、ほほう、などと言いながら、楽しんでいる感じ。

4月の新月ショコラから、特に気に入った3粒

上の写真は、4月の新月ショコラの中から、代表して3粒。

左)トンカ豆とアマレットを使ったキャラメル入り
中)文旦、レモン、みかんを使ったガナッシュ
右)ラズベリー、フィグ、くるみ、ライチリキュール入りのガナッシュ

非常に私好みで、洗練されています。奇をてらって珍しい素材を入れ、など強めなアピールで私に届くのではなく、素材の繊細なバランスから、山崎さんの感性が届く感じ。

作り手の感性が行き届いたチョコレート

あとは、原点ですね。

山崎さん曰くチョコレートを作る理由は「私がおいしいと思うものを作って、それをみんなにも食べてもらいたいから。そしてみんなに喜んでもらいたいから」。

当たり前に聞こえそうですが、ピュアに、この言葉どおりのことが、実感として私に届くこと自体、そうしょっちゅうはありません。

私はチョコが5歳くらいからちょっと普通じゃないくらい好きで、1990年代前半から、チョコレートをアートと並列で捉えられたことから愛好家になりました。だからしばらくチョコレートから、作り手から、みずみずしいインスピレーション・センス・表現を感じられないでいると、元気がなくなってしまうんです……実は。

コンビニで買えるチョコレートたちも勿論好きですが、作り手のセンスから生まれ、技術を使って丁寧に作られたチョコレートは「表現」です。人のセンスと技巧が行き渡り、作る、ということを中心に価値や意味を見出せれば、それは「作品」と呼べます。

日常気楽に食べるものとはまた違った、深い楽しみ方があるということです。そういうチョコレートは大抵は、静かに、私に伝わってきます。

チョコの愛好家として、ジャーナリストとして、微力ながら、他にももちろん見つかるこのようなチョコレートを見守りながら応援したいですし、みなさんに伝えたいです。

text
チョコレートジャーナリスト  市川歩美

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2020 All Rights Reserved.