by Ayumi

グランド ハイアット 東京のオリジナル製菓用チョコレート『Grande H』

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

グランド ハイアット 東京がオリジナルチョコレート「Grande H」を作り、使用しています。カカオバリー社へペストリー料理長 金子浩さんが赴き、作成に取り掛かり、完成したものです。

グランド ハイアット 東京のオリジナルクーベルチュール『Grande H』

2003年に開業して、今年で16年目となるグランド ハイアット 東京の、オリジナルのクーベルチュールです。

現在もクリスマスケーキに使用されているほか、バレンタインシーズンに販売されるチョコレートやスイーツに利用されます。

グランド ハイアット 東京ペストリー料理長の理想形

「Grande H」は、2019年5月に、1842年創業のフランス・カカオバリー社(パリ)へ金子シェフが出向き、イメージや理想の味を伝え、試作を重ねて作られたものです。ホテルには11月に完成品が届きました。

カカオ分は70%。カカオはメキシコ産、ガーナ産、タンザニア産のブレンドです。

「クリスマスに特別な物を、また、オリジナルなもので付加価値をと考えて作ったものです。ホテルでは色々なお菓子を作るので、あまり個性的すぎない味わい、オールマイティですがカカオの豆のアロマを感じられるようなチョコレートだということ、そして飾りも作りますので、成形しやすいよう流動性があるものを、など、理想を伝えて作ったものです」(金子シェフ)

特別、チョコレートそのものをテイスティングさせていただくと、酸味も苦味も強すぎないバランス。スパイシー、ウッディ、ナッティなアロマを持ち、余韻がほどよいビターチョコレートです。

ホテルオリジナルクーベルチュールはめずらしい

パティシエやショコラティエ、そしてブランドが、オリジナルのビターチョコレート、ミルクチョコレートを製菓用チョコレートメーカーにオーダーメイドする例はありますが、日本のホテルオリジナル、となると私は聞いたことがありません。

そのように、私がお伝えすると、金子シェフは「そうですね。ホテルでとなると私も聞いたことがないです。初めてかもしれませんね」と話してくださいました。

ホテルならではのチョコレート、そのものを味わってみたいチョコレートファンが必ずいると思いますから、いつかシンプルなタブレットを作っていただきたいと私は思っています。(大小いろいろサイズがあってもうれしいかもしれません、と次々妄想する私 笑)

現在は、ホテル2階のフランス料理 オールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」で開催されている「チョコレート アフタヌーンティ ブッフェ」でチョコレートファウンテンとなって登場しています。私もバナナやイチゴをディップしていただきました。

ホテルの名前「グランド 」をイタリア語にし、「Grande」に。そしてHは、ハイアットと金子シェフのお名前の頭文字にちなんだという『Grande H』。

これからはボンボンショコラやチョコレートケーキ、クリスマスにバレンタインに。あらゆるアイテムに使われることになります。

ホテル独自の味のチョコレートが、お土産となり、その味がホテルを表し、ホテルの思い出と結びつく日が、やってきそうです。

この記事を書いている人 - WRITER -
市川歩美
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Chocolate Journal , 2019 All Rights Reserved.