チョコレートジャーナル ー チョコレート専門サイト

1チョコ for 1スマイルが15周年!「特別期間」2023年の対象商品は?ガーナなどの子どもにチョコが届く!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。チョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターの市川歩美です。

森永の「1チョコ for 1スマイル」について書いた、昨日の記事の続きです。早速、対象商品を買いに行った方もいらっしゃるかもしれませんね!

(昨日の記事は以下)

1チョコ for 1スマイルとは?森永製菓が15年 カカオ産地の子どもの児童労働をなくす支援

1チョコ for 1スマイル「特別期間」、1つ1円が支援となる対象商品は?

1チョコ for 1スマイルの「特別期間」、今年は1月5日から2月14日までです。

バレンタインまでに対象商品を購入すると、1商品につき1円が森永製菓に積み立てられ、カカオ産地・ガーナなどの子どもたちの支援につながります。

対象商品をご紹介しますね。

小枝、カレ・ド・ショコラ、森永ミルクチョコレート、DARS(ダース)
商品のシリーズが対象なので、どんな味でもOKです。

「森永ミルクココア」「カカオの力<CACAO70>」
冬はやっぱりココアが飲みたくなるもの。せっかくなら特別月間のうちに買って、ストックしましょう。

こんなふうに10個買うと10円、支援したことになる

 

いつものようにチョコを食べているけど、いつもよりチョコっと笑顔になります。

 

アイスクリームも「特別月間」対象商品

 

チョコのアイスクリームが好きな人はこちらを。板チョコアイス、パキシエルが対象商品です。

画像:森永製菓

画像:森永製菓

私もお店で見つけたら、2月14日までに買ってみるつもりです。

 

数量限定販売、1チョコ for 1スマイル<ベイクドチョコ>

 

今年は、数量限定の特別なチョコもあります。それが、1月10日から数量限定販売される「1チョコ for 1スマイル<ベイクドチョコ>」。こちらも対象商品です。

数量限定のうえ、販売店が限られているそうなので、見つけたらラッキー!と思ってください。

1チョコ for 1スマイルのしくみがかわいく描かれています

 

私は取材で一足先に拝見。

1チョコ for 1スマイル<ベイクドチョコ>*オープン価格

 

キューブ型のボックスは楽しいデザイン。1チョコ for 1スマイルの活動15周年を記念したチョコです。カカオが生まれる国へ心が飛んでいきます。

(森永製菓のコメント)

暑くても溶けない森永製菓のベイクド技術を使ったチョコは、ガーナなどの暑い国でもおいしく食べてもらえます。

自国でカカオが生産されているにもかかわらず、カカオ生産国の子どもたちは最終製品としてのチョコレートを食べる機会は大変少ない状況です。

子どもたちに「1チョコ for 1スマイル<ベイクドチョコ>」を贈ることで、生産国で採れたカカオからおいしいチョコレートが作られ、遠い日本で多くの人に喜ばれている事実と感謝の気持ちをお伝えしたいという想いから、今回の取り組みの実施に至りました。

森永製菓は持続可能な未来のために、これからもカカオ生産国の子どもたちを応援してまいります。

 

このチョコをガーナの子どもたちに届ける!

 

そしてなんと、今年は「1チョコ for 1スマイル<ベイクドチョコ>」を、ガーナの子どもたちに届けるプロジェクトが予定されているのが素敵です。

ガーナのカカオ産地へ届けてくれるのは、もちろん「ACE」のみなさん。

(ACEによるコメント)
ACE は 2023 年 1 月下旬に、これまでガーナで支援してきた10村の子どもたちにベイクドチョコを届けます。

日本で応援する消費者と現地の子どもたちが同じチョコを食べることでつながりを感じ、メッセージを伝えあうことで応援の輪を広げたい。

バレンタインデーを前に、この活動を通じて、児童労働のない世界の実現に向け た取り組みへの幅広い参加を日本の消費者へ呼びかけます。

ACEの副代表 白木朋子さんは2009年からガーナで活動をしています。素敵なスマイル!(画像:ACE)

私(市川歩美)は、長くACEのみなさんの活動をみていますが、いまやガーナ政府と活動をともにする白木朋子さんをはじめ、メンバー全員がスーパーヒーローです。

日本のチョコ好きなら、みんなガーナのカカオ産地、カカオ生産者のみなさんにお世話になっているのです。チョコ好きな私は、ACEさんの志の素晴らしさに、お会いしたその日から心を打たれ、変わることなく活動に感謝、応援しています。

 

1チョコ for 1スマイルでもっとカカオ産地にスマイルを

 

1チョコ for 1スマイルについて書いた記事。いかがでしたか?

ガーナでカカオ生産者の児童労働をなくすための活動を15年続けている「ACE」。その活動を15年間サポートしている森永製菓。

特別期間にチョコを一つ買えば、私たちの心も「スマイル」、ではないでしょうか。

1チョコ for 1スマイルを通じて、日本から遠く離れたカカオ産地の現状に目を向ける人が増えるという意味でも、私は価値ある活動だと思っています。

1チョコ for 1スマイル

text チョコレートジャーナリスト  市川歩美

ガーナの子どもたちのスマイル(画像:ACE)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ショコラコーディネーター®/チョコレートジャーナリスト®
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© The Chocolate Journal , 2023 All Rights Reserved.